ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
飢餓と遺伝子☆
意図的に

空腹を作り出し、



飢餓状態になると

発動する

サーチュイン遺伝子の


スイッチを入れて


体をリセットしたり



細胞の老化を

止めようと

試みています。


速読にチャレンジ☆
予定の場所に到着するのが

少し早かったので、

本屋さんに入って

適当に本を手に取り

あまり熟読を

意識せずに

ある程度の速読の知識、ハウトゥーを
持ってトライしてみた。


お!

意外といけるかも、、、


「起業一年目の教科書」

という本を

今日は15分で読むことができました☆




事業を株式会社化する
方法を
知りたかったんだけど、
そういう内容の本ではなくて、
もう少しメンタリティの部分や
商品のこと、売り方のこととか、、、
ディテールを
とてもわかりやすくて
太字を追うだけでも
だいたいの
内容が理解できて
速読にも向いている本だと
思いました。






速読する場合 立ち読みだと、

15〜30分くらい

立っていると疲れるから

やっぱり実際に紙の本を買うか、、


あるいは Kindleの電子書籍なら、
10〜20冊買ってもスマホ1つで
読めるから、楽だけど、

紙の本は

あの紙をめくるアナログ感がとても
いいんですよね〜〜。



僕はデジタルもアナログも
どちらも好きなので、
気分によって
いろいろな変えながら読んでいます。


テクノロジーというツール☆
テクノロジーによって

いろいろな壁を超えられる。


インターネット空間であれば、

同時に複数の人に

メッセージを伝えることができ、

瞬時にイメージを視覚的に

伝えることもできる。

いや、ほんと

面白い時代の

真っ只中に、

僕はいるなあ☆


ーーー以下、堀江貴文さんの「ゼロ」から引用ーーーー


なぜなら 、
世の中を変える手段は
政治だけじゃないからだ 。

もっと大きく 、
もっとドラスティックに 、
世界を激変させる方法が 、

ひとつだけある 。

テクノロジ ーだ 。

人類史とは 、
人の歴史であると同時に 、

技術の歴史でもある 。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「ゼロ」堀江貴文 「多動力」堀江貴文










br /> ーーーーーー出版情報ーーーーーーーー
アマゾンで、電子書籍版の
http://amzn.asia/7YBuVSm ZBrush ベーシック ガイド」を
出版しました☆





ワンコインくらいの価格で、
内容もシンプル、コンパクト☆
はじめてのかたでも大丈夫


この教材は、
著者である3DCGクリエイターの
涌井晃が 大学や専門学校での
ZBrushの講座で使用する内容を
ベースに構成されたテキストです。



どこからZBrushを
始めていいのかわからない方や、
すぐにでも触れるように
なりたい方におすすめいたします。 -------------------------------------------------- 3DCGは
今後さらに広がることが
予想されますが、
ゲームや映像、
アニメ、漫画、
フィギュア、
アクセサリー、
デザイン、
イラストなどなど
多くのクリエイティブな仕事の中に
3Dでのモデリングの技術が
浸透しています。 私の知人のフィギュア原型師は、
今までアナログ的に
粘土でフィギュアを作っていた時の 約10倍のスピードで
制作できていると言っています。 コンピュータは、
左側を作れば自動的に、
右側を作ってくれます。 いくらパーツを増やしても、
粘土の物量に限界がありません。 たとえ修正が必要になっても、
今まで大変だった加工も
難なくこなせます。 高精細な3Dプリンターを使えば、
出力物をそのまま使えるレベルの
作品が 実現できる時代です。 まずは気軽に
45日間フリーで使える
トライアル版の ZBrushをダウンロードして、
教材をみながら
ZBrushによる次世代の作品表現を
体感してみてください。
きっとその面白さ、 自由さを感じていただけると
思います!!



ーーーーーーーーーー
不登校は超かしこいとおもう!
みんな、夏休みあけて
学校行くのが
嫌で嫌で
しょうがない時期みたいですね。


それってさ

よく考えるとさ


すごく変だと思いませんか?


そんな状態で学校行っても

何にも頭に入らないでしょ?

頭な入らないほうがきっと普通だよ。
それ正常。


学校行くのが楽しいなら、
それはそれで、楽しいんだから
幸せなでいいよね。

でもさ、行きたくない!っていう人が
変だ!っていうのはなんか違うよ。

日本以外の世界を
何カ国か見た経験とかさ、

一般常識の中で生きていない
そんな状況も多い今の

僕が思うんだけどさ、

そういう、不登校になっちゃう子の方が、感覚鋭いんじゃね?
とかおもうよ。


アレルギー持っている子と
似ている感じがする。

体によくないものは、
ちゃんと体が
反応して、
拒絶する。

皮膚症状に出せるし、
熱も出せたりする。


それこそ、
体に必要ないものを ちゃんと出せないと、
内臓に溜まるじゃん。

そんで後から痛い目をみる、



これは、心も同じだとおもうよ。
心のアレルギー反応。


心が嫌だ!と言っているのに
そのまま続けると、
心の健康が
損なわれる。

だから、
僕はおもうけど
家で学んだっていいと思うよ。

山の中だっていいし、

海辺で学んだっていいし、

オシャレなカフェで
学んだっていいじゃん。


なんなら、無理に 学ばなくたっていいしね。


おれは 学ばない!!という
学びだよね。笑


だから、
すべての経験そのものが
重要であって、
いろんな経験や
学び方をしたって
いいと思うのね。



、、、、って考えていくとさ、、


これはね、、、


実はすでに僕だけの
考えではないと

そう思うわけ。


不登校の子でもさ、

学べる世界に
なってきてるでしよ。

インターネットで
なんぼでも。


そういう子たちがさ、
世の中を担うスタンダードに
なるわけじゃん!!


そうそう!
このブログとか見てる
中学生や高校生や小学生も
いるってわかったからさ、

少なくともオレは
そういう君たちには
あっていないけどさ、

ものすごい輝きを

陰ながら
感じちゃってるわけ☆

そこにワクワクしてるのね。


だからさ、そういうことが、
そういう未来が
1つのゴールだとしてさ、
そういうみなさんのゴールと
僕の
思うゴールは、
共有できてるとこも

あるとおもうのよ。


だから、僕は僕で、
これからも、
少なくとも自分が楽しいように
生きながら、
若い人達も楽しく感じるような
世界になるような、
そういう方向性で

今年の下半期も
生きようと思います。




海外ドラマの
ミスターロボットという
ドラマで、

プログラマーで、ハッカーの
主人公が、あるとき
自分のプログラムで、
世界を変えちゃうんだけど、
そういうことって
起こるとおもうんだよね。

これからはね。


それでさ、

ぼくもそういうアイデアないかなって
日々探したりしているよ
いま41歳だよ。


そんで、いくつかアイデアは
浮かんだよ。


だから、Unityの勉強も
しようとおもうし、
本も買ったよ。


さあ、みんなで
世界を変えようよ☆




そんなことして、
何になる?


なんていう大人がいても、

それは、
追い風だとおもってね。


そんなときはさ、
バタフライエフェクトのこと
知らない、
アホな大人なんだなって
思って、自分を信じようよ。


バタフライエフェクトで
わからないというなら、


風が吹けば桶屋が儲かる、、
っていう言葉知らないの?
って言ってあげて。


それも、
知らないというなら、
「ハチドリのひとしずく」っていう
言葉を知らないの?
って言ってあげて。


それでも、知らないというなら、




Facebookっていう会社知ってる?
って聞いて見て。

でももうその時点で
もう、その人は、
あなたの人生に
今後は関与しなくなるんじゃ
ないかな



小さな自分の、
大きな力を
信じて生きていこうって
おもうんだよね

ぼくはね☆


自由とは何か☆
堀江さんの
文章が印象的だったので
とりあえず引用しました。


刑務所に収監されている時も、
刑務所の外の人からの
人生相談に乗っていた堀江さんの言葉。


ーーーーーーーー

刑務所生活で得た気づき 、
それは
「自由とは 、心の問題なのだ 」
ということである 。
塀の中にいても 、僕は自由だった 。
外に出ることはもちろん 、
女の子と遊ぶことも 、
お酒を飲むことも 、
消灯時間を選ぶことさえ
できなかったが 、

僕の頭の中 、
つまり思考にまでは
誰も手を出すことは
できなかった 。




堀江貴文「ゼロ」
から引用しました ーーーーーーーーー

「ゼロ」堀江貴文



考える、、とはどういうことか


考えることと、
悩むということ、
両者の違いを意識していなかった
けど、とても腑に落ちるところが
沢山あった。
ぼく自身あまり悩むことはないし、
考えてすぐに答えがでなかったり
なんか嫌だな、、と思ったら
やめておく。やめることを即決する。
断る、ということを即決する。

この、断る、ってなかなか
出来ないなぁ、、って
つい思ってしまいがちなこと
だったりするけど、
なんか違うぞ、、と思ったらやめる、断る。

今の自分はそんな感じかな。


以下、堀江貴文さんの「ゼロ」より
引用しています。 ーーーーーーーー

複雑に絡み合った糸を解きほぐし 、
きれいな 1本の糸に戻していく 。

アインシュタインの
特殊相対性理論が
「 E = m c 2 」という
シンプルな関係式に
行き着いたように 、
簡潔な原理原則にまで
落とし込んでいく 。
それが 「考える 」という行為だ 。


ーーーーーーーーー

- | 07:55 | - | trackbacks(0) | - | - |
「悩む 」と 「考える 」の、決定的な違い
ぼくがいろいろな仕事を
同時に進める必要があるときに
悩むことはあまりなくて
即断、即決、即行動するけど、
堀江さんの「ゼロ」を読んで
同じような表現があったので
メモとして引用させていただいた。



ーーーーーーーーーー 「悩む 」と 「考える 」の間には 、決定的な違いがある 。


まず 、 「悩む 」とは 、
物事を複雑にしていく行為だ 。
ああでもない 、こうでもないと 、
ひとり悶々とする 。
わざわざ問題をややこしくし 、
袋小路に入り込む 。
ずるずると時間を引き延ばし 、
結論を先送りする 。
それが 「悩む 」という行為だ 。
ランチのメニュ ー選びから
人生の岐路まで 、
人は悩もうと思えばいくらでも
悩むことができる 。
そしてつい 、
そちらに流されてしまう 。


堀江貴文 「ゼロ」より引用




夏休みの境界線
どこまでを

夏休みと言って

どこまでを

お仕事だというのか

みたいな生活に

していきたいと


思ったことがあって

それは不可能だと思うと

もうそれは目の前から

なくなってしまう。


だから思ったこと、やりたいことは


可能だと思い込む。


ZBrushをさわって覚える体験講座を大阪・梅田で開催
ZBrushをさわって覚える体験講座を大阪・梅田で開催。 日程は8月26日(土曜)の9:00〜16:00★ 作った作品を光造形3Dプリンターで出力してお送りします★  3つのオンライン講座の無料受講クーポンも付き。お申し込みは8月25日まで☆
詳しくはこちらです


自分を生きるために手放すことは何か
例えば、


あ!これがやりたい!!

こんなふうに生きたい!!

って、思うじゃないですか。




でも、

人の目を気にして、

やらないままでいる、、、


とかあるでしょ。



例えば、親の目や言葉を気にして、、


あるいは、同僚や上司の意見や
忠告を気にして、、とか、、。


先生や友達の意見を

気にして、、とかね。



ぼくも、過去にすごく

笑われたり、理解されなかったり、

とかとか、
いろいろあると思うんです。


たぶんあったと思います。

とはいえ、ぼくの場合は

そういった
他人からの心無い言葉や
嘲笑的な表現を

最初から


受け入れないというか、

聞こえないんです。


自分の中に必要だと思うこと、

それ、いいね!とか
それ、かっこいいね!!

それ楽しいね!!っていう

ことじゃないと
なかなか受け入れないという

フィルターがあるので、

それがいいか、
悪いかわからないけど、

そのフィルターがあるから、
ボクは心は


病まないんです。



だから、ボクの心と体を守る


ために、少なくともそのフィルターは
最高の効果を発揮しています。

最近、つくづくおもうのは、
やっぱりそういう生き方で
よかったよなって思うんです。


自分の人生を生きている感じがします。


だって、そうじゃなかったら、

嫌だと感じるのに、
人の意見や言葉に、
沿って
自分の人生や
大切な決断を下すことに
なるでしょ?


それって、うまくいかなかった時に、
挫折した時に、


かならず、その、自分に意見した人の

所為にするよ。

あの人が、こういったから、

そうやったのに、うまくいかなかった!!もう!!プンプン!!ってね。

だから、自分の人生を
生きるには、自分の心の声を聞き続けて
人生の選択をしていかないといけないと
思うんです。



医者になったけど、
本当は、小さい頃から漫画が
描きたくて描きたくて、、とか、


弁護士をしているけど、
本当は音楽の演奏が好きで
音楽の道を志したかった、、とか



やってみて、いろいろ知って
また違うものに興味が行って、、、
というのはいいけど、
やってみないうちから、
他人の言葉や目を気にしてやらないまま
いると
どこかで、内側の自分が
叫び出す。
暴れ出す。


それすら、抑えていると
自分の心が、体を攻撃しはじめる。






あなたを、悪く言う人も
あなたより先に死ぬかもしれないよ。
その人が死んでも
あなたはまだ、
大切に
言われた悪口を
抱きしめて
その後の人生を生きますか?

っていうさ。











なにを、わかったことを
言っているんだと
そう思われても、
もう、いいんです。


だって、そうなんだもーん☆


写真は、たこ焼きを焼く
息子3歳。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.