ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio)
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトのZBbrush coreの電子書籍です。オンラインの講座と連動した内容で、デジタル原型師になるための基礎を開設しています。3Dプリントを行い、出力物を複製する方法も開設しています★
RECOMMEND
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer)
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトZBrushの基礎を開設した電子書籍を出版しています。
RECOMMEND
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO)
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO) (JUGEMレビュー »)
わくいあきら
沖縄で撮影した写真をまとめた写真集です。アマゾンのプライム会員さんは読み放題ですので、プチ沖縄旅行気分をぜひ味わってください★
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
脳のクロックサイクルを上げる☆
いろいろな仕事を


沢山同時にやるようになって


優先順位をつけるんだけど、


状況によってその優先順位を

変動させたり、


タスクの共通点を見つけたり、


統合したり、

それによって無駄を省いたり、

スピードを上げれたり、

処理できる数が増える。



そうやって、フリーランスになって
もう何年になるのか数えていないけど、


自然とそうなっていった。


とくに今年は、年が明ける前から
ずっとそうだった。




そういうときに、


自分の動きを振り返ると、



とにかく決断が早いとこが、
必要になる

あとは、移動するのが早くなる。
歩くスピードが早い。
ときには走ってしまう。


するとそれに応じて、
思考も早くなる。

目の前の情景が早く動くからだろうか、、、。



とにかく、
自分の歩くスピードと、
思考のスピードや決断のスピードが、 比例するなと、実感していた。



そんなとき、
ふと島田紳助さんの言葉を
思い出した。



「漫才の練習は、歩きながらやるのが秘訣や」

って。



そして

「喋りがスムーズに、上手くなるには、その歩くスピードを早めるんや」



みたいな言葉を
思い出した。




そして、
ネタを成功させるには、

「あまり練習しすぎたらだめや」

とも言っていた。



うわ、すっこいわかる!それ!!
って思った。


確かに、全く噛まずに
スムーズにネタをこなした感じの
ネタを見たときに、

すごーくうまいんだけど、
練習しすぎて、そのコンビ自体が
そのネタを楽しんでなくて、
もう慣れちゃって飽きてる、、、
のかなと思ったりしていた。


すごーくよくできていて、
うまいんだけど、
なんか、こう、、
こみ上げる笑いがない、、みたいな






もちろん
お笑いの好みもあるだろうけど

関西にいると、
みんなそういう
お笑いの分析をする人も多くて、
その分析自体を
楽しんでいたりする。


そこで得られた分析の結果を
自分の日常会話や
仕事の中で生かしている人も
すごく多いんじゃないかな。






そんなこんなで
あらためて島田紳助さんについて
調べると 他にも島田紳助さんの
お笑いに対しての姿勢の
エピソードがいろいろあって、

リサーチ、分析を
積み重ねている人なんだと
改めてわかった。


感覚で全てやっちゃう
天才もいるし、
調べたり分析して得られた
データを元に行動して積み上げる人もいる。


そして大多数は、後者。


後者の人で、成功したり有名になったような人のことを


よく 努力の人、、とかいう。



ぼくは、それこそ中学生のときに
自分は前者のような天才ではなく
後者のだと思っていた。
一週間ほどの試験勉強で90点以上とる友人を天才だと思っていた。
ボクはといえば、
その彼のような結果を得るには、
試験勉強を3ヶ月まえから積み重ねて、
ようやく同じ結果が出たからだ。


だからぼくは、
積み重ねて結果を得る
そういう後者だ。




でも、イチローとかでもそうでしょ、

あの人は天才だ!とか言うけど、

1日素振り500本とかは、
努力じゃなくて、
当たり前なんだよね。



まず、自分がこうなりたい!!
を大きく自分の中に掲げて、
その目的地に自分がたどり着くまで、
努力するというよりは、
日々の1つ1つを楽しむ。

それが秘訣
今のボクはそう思う。

楽しむことは、継続の秘訣。
その行為に注意を向けて、
面白みを見出していく。


こうなると、日々のあらゆることが
楽しく喜びに満ちていく。


思い描く自分の目的地に向けて
進んでいく毎日。
その毎日新しい日々を楽しむ。
そこから、
また新たな活力が湧き、
アイデアと、
新たな出会いを生む。





メンタルとフィジカルは
つながっている。


フィジカルのスピードを上げると
メンタルの処理スピードもあがる。

メンタルが健全だと
フィジカルも健全。


メンタルの栄養はまた、
フィジカルの栄養でもある。


フィジカルの毒、例えば食品添加物や農薬や、ワクチンもまた、
メンタルに影響してくると、、

ボクは思う。



心と体は
一心同体
相即不離だと
あらためて思う
朝の満員電車の車内です。
座れませんけど、
そのことに良さを見出します。

座わらない方が、眠くならない、
眠くならないということは、頭が冴える。
よし、ブログでも書き残そう。


と、なり、また長々と
文章をまとめようともせず、
誤字脱字もなんのその☆

モチベーションはそこにはないから
いいのだ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.wakuiweb.com/trackback/1301361
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.