ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
形状と意識と「君の名は」☆
あらゆる物質も

人間の意識、認識によって

形状が保たれている、、、

みたいな考え方が、

確かあったと思うんですが、、、



あのー、あれ、、あれ、


我思う、故に我あり


みたいな。


とはいえ、そこが
物理学的にも
本質的なところを
貫いている的な、考え方。



そこに、壁があると思うから、

そこに壁がある、的な。


だから、壁なんてない、、


っていうふうに概念とか意識の壁を

突破できたら、それこそ

目の前の壁を通り抜けることが

できる確率はゼロじゃないらしい。



つまり、物質的な壁ですら、

通り抜ける可能性があるんですよね。



ってことは、概念としてしか

存在し得ない壁なんて、

そもそもない!って思えば、

もう、ない!ってことですよね。



ってことは、

ジャンルの壁とか、

世代の壁をとか、

金銭的な壁とか、



一般常識の壁とか、
そういった、物質的じゃない
壁みたいに感じるもの、

自分を閉じ込めるもの、

動きを抑制するもの、

そいういものは、


もう、ないんだ!!と

強く思うと、



それでもいいんだ!!
と自分に許可すると

もう目の前にない。



そういうことが起こる。



そうやって自分の内側に出来上がった

新しい世界は、

いろいろなことを可能にしていく




だから、
例えば、敵を倒そう!!
って思うと、
絶えず自分から
敵を探してしまう。

あれも、敵なんじゃないか
あ!これも敵を何じゃないかって。


いやいや、そもそも
敵なんで、存在しなくて
敵なんじゃなくて、
自分の中に、敵を探すという
意識が存在するだけだったり
するのかもしれない。

敵も味方も、
壁も、
ジャンルも、
一般常識も、



だから、いま認識している世界を変えたいと思うなら、

まずは自分の内側を変える。




敵だ敵だ!!
戦争だ戦争だ!!っていうと


敵を作ろうとする意識、
戦争を、、戦う相手を、
探そうとする。



あ、ここまで書いて


ジョンレノンのイマジンの


意味が、
なんとなく自分の中に

入ってきたというか、

流れ込んできた感じがした。、





想像してごらん、
戦争のない世界を、、、、






戦争、、争い、、
っていうと概念自体が、
ない!!

っていう世界を
まずは想像してみよう

ってことかなって。



もっといえは、
競い合い、比べ合い、奪い合い
それが、
ない!!っていう世界って


どんな世界だとおもう???

ってことかなって。



そちらの想像をしている間は、

少なくとも、頭の中は

かなり平和的な世界の

具体的なイメージが広がりますよね。




これからの未来は、

そういった感じで、

時間と空間と物質と

概念と常識を超える

コンテンツによって

次の世代の目覚めを促して

少しづつ世界を変えちゃうような

コンテンツが


人間の集合意識のところで

選択されていくんだろうなーなんて

今日、思った。



そういう、

人間の集合意識的な選択の現象という
意味合いで もっともわかりやすい


世の中的な例が、


「君の名は」の世界的なヒット
だとおもう。




映画の各所に

ある要素が作為的に

ちりばめられている。





そのすべてを

新海さんが仕掛けたんだろうか、



それとも川村さんが仕掛けたんだろうか


そんなことを勝手に推測して
楽しんでいる。



だって登場人物の
あのキャラにアカシックレコードの
本をもたせておく、、、とか
なんらかの作為がなければ
やらないことですもん。



いや〜個人的に
新海さんにいろいろ
聞きたいなぁ



写真は鳴門の渦潮、渦巻きぐるぐるー!!!でかいー!!!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.wakuiweb.com/trackback/1301344
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.