ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
夢日記☆
最近はたいてい

寝る時間が遅く

10時から26時という

眠りのゴールデンタイムに

寝ることも稀だったり

しましたが、

たまに長めに寝ると

夢を見ることがあります。



僕の場合、夢を意識しだしてから

人生の転機になんらかの

影響があるのかも、、、なんて

考えているのですが、

それはいま仕事のメインにも

なっているZBrushという

3Dソフトの造形を夢で見て

そのあとYouTubでみたzbrush での

造形が正夢に感じられたので

10万ほどのZBrushというソフトを

即購入しました。

以前ゲーム会社でデザイナーをしていたので、10万円ほどで、そんな造形が
なんて安いんだ!!と
思うことができました。
会社で扱っていたソフトは
高額で30万とか50万とか
そのくらいの価格のソフトだったので
比較がすぐにできました。



あの、正夢感は
わすれません。



まず、ワクワクしたり、
感動したり、、夢の中でそういう
感覚があるんです。

今日見た夢は、
夢の中では、かなり普通に
現実のことだと感じていて、

夢の終わりの方で、
家に帰り、玄関扉を開けたところで
スッと目が覚めました。


自分の家の敷地に入る
門のあたりにいた、いくつかの
種類の綺麗な毛虫も覚えています。





具体的には

その夢は、


以前好きでよく聞いていたバンドが


登場するのです。



以前は、よくライブにも
行っていました。

当時も、夢に出てくることも
ありましたが、
必ずお客さんとしてライブを
聴いている側でした。

しかも、実際にライブに
登場しているそのバンドのメンバーは
彼らであって彼らじゃないんです。
なんだか、ニアミスな、
そっくりさんな、、笑
でも彼らの一側面のような、
でもなんだかやっぱり本人たちより
少し頼りなく小さくみえたんです。



ところが今日の夢では、
まさにあのライブで多くの観客の
声援や熱を受け止めきれる
オーラの大きな感じの、
存在感のある彼らでした。



僕はそのライブの楽屋に

一緒にいて、デザインや美術の

担当をしているらしく、

衣装や、グッズに関する

打ち合わせに同席していて

新たに開発している面白いもの

というソレを見せてもらっていました。




これこれ、この感覚。


夢の中で、誰かに何かを

見せられている感じ。


色と形と感触がリアルで
じっくり観察する時間があるんです。


なにより、そのバンドの
メンバーと顔を合わせても
全く自分が動じていないんです。



実は哀しいかな、、
もうそのバンドの曲を
最近はあまり聴いていなくて
、、、、だから興味が薄くなり
実際にあっても喜びや感動が
薄かったのかもしれません。




でも、このことは
自分の中では、納得がいくことでした。


すごーく追い求めている時には
手に入りにくくて、、
ふと忘れてたころに、もう興味が
薄れたころに手入る、、、あの感じ。


強く追い求めて、、、、
あとは忘れているくらいが
ちょうどいい、あの感じ。






とはいえ、実際にその
バンドの彼らとなんらかの仕事で
かかわるのかどうか、、ということは
どちらでもよく、、


とはいえ、この夢は
なんらかのメッセージだと
感じています。


ZBrushの夢のように

後から今日の夢の種明かしが

あるのかもしれません。



いまから、楽しみにしておこうと

思います。




ちなみに、去年1年間の夢は、

毎回、宇宙行きのバスや電車や
バイクに変形するUFOに乗って
宇宙のどこかの星にある
大学みたいなところに
行ったり来たりして、
毎回何かを学んで、
大急ぎで帰ってくる、、、

というそんな夢が多かったです。




このページを見てくださっている
人の夢も聞いて見たいな〜なんて
思いました☆


夢って、どんどん忘れていくでしょ?
人に話したり、このブログみたいに
記入しておくと、思い出すきっかけに
なったりします☆

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.wakuiweb.com/trackback/1301272
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.