ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
地図に無い島の灯台の光☆
自分がいま

どういう立ち位置なのか

たまに考えます。


ゲーム会社のデザイナーをしていたときとか、大きな組織に

いた時は、そういうことは

考えませんでした。


たとえば規模の大きな、

社会全体としての立ち位置とかは、

社長とか、決定権のある人が

舵取りをする、、
というのはもちろんありますし、

企業にいたら、

一社員の考えることは

たとえば社内での立ち位置とか、

部署での立ち位置とか、、、。


とはいえ、家を買ったり

家族が増えたり、転職しようか、、、

なんて人生の大きな変化が

生じるときには、

その企業自体の未来や業績、

社長の舵取り、企業の立ち位置を

考え始めるのかもしれません。



自分はどうかというと、

もうフリーランスになって
何年も経つので
自分の舵取り、仕事の舵取りは
自分でやらないとしゃーないので、
なんとかかんとか、いま
生きていますけど
多少の座礁や遭難や嵐の夜も
ありました。
なんとか生き延びで
今日も朝を迎えました。


若い頃にしかできないこと、
ある程度年齢を経てできること
いろいろありました。



最近ようやく

大きな舵取りをする上での

風や波を、

経験と知識と技術を持って

行えるようになってきたのかもと

そう思うことが何回かありました。


それは、自分だけでは

わかりません。

家族という乗組員の
存在はもちろん、

ほかの船を操る先人たちの

知恵と技術を借りることも


沢山あります。




たどり着きたい

場所はどこか、

どんな未来なのか。

5年後、どんな顔をして
どこにいる?


10年後、どんな言葉を交わし、
どんな人たちと、どんなことを
共有しているだろう?



あてのない航海は、
大海を彷徨うばかり



魂の青写真沿って描かれた
自分だけの地図が必要

見たこともないかもしれないけれど、
いつか聞いたその楽園は

本当にあるのかもしれない。


いやもしかしたら、


その楽園を作りたいのかもしれない。

そのときに大切なことは
もうわかっている。

まず、自分の中に
楽園を作ること。

楽園は可能だと信じること


過去の楽園の経験を

コラージュして、

目の前の世界に

現実化させる。


楽園の地図は、
どこにも落ちてはいない

自分の心の奥に大切にしまっている

宝箱を開けて

中にあるキラキラのワクワクの材料で

毎日せっせと地図を組み立てる。


するといつの日か、

キラキラのワクワクの

パズルのピースは、一気につながる

ときがくる。


航路が見えるの。


その航路が光って見えるのね。


あとはもう、勇気を持って

信じて進む☆





っていうか、どこから
海とか航海とか、そういう話になったんだろう。笑い

空想の中で生きると
よくこういうことになる。
立ちっぱなしの40分でも、
あっという間だ。笑


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.wakuiweb.com/trackback/1301257
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.