ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
ワクイアキラのメールマガジン登録
メールアドレス
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仕事と未来とAIと
たとえば

ボクの好きな3Dのお仕事に関して

言えば、数年前から

いろいろなことが

一気にデジタル化したことで、

たとえば手作りで立体的なものを

作っていた人が

デジタルの3Dモデリングに

多くの人が移行していて

作るスピードや、仕事をこなす量が

それこそ10倍になったりしていて、

そういうことが当たり前の
2017年から、

さらに未来をみていくと、

デジタル化の次は、

自動化、オートメーション化

ということで、多くのことが

自動的に行われて行くように

なり、

それでも人が考えてオートメーションを
制御したり、機械に命令を下さないと

行けないということで、、、

さらに未来に行くと、

もう人間が命令しなくても機械は

自ら考えて動くようになり

なんなら人間よりも行動も早く

仕事も早く、無駄もなく、

感情的ないざこざもない。

朝から晩まで休みなく動けるかもしれない。





パソコンや携帯は
人間が考えたり、行動したりする
いろいろな仕事を代わりにやったり
考えてくれるので、
いわば人間にとっての外付けの脳だと思います。



その外付けの脳に
最近はAIが乗ってきていますから、
本体である人間の脳から
分離して、別の脳になっているような
気がします。


ロボットやAIの時代が
すでにはじまっているんですね。



僕は以前、介護の仕事を
していたことがあり、
四肢麻痺のかたと、多くの時間を
共有させてもらったことがあります。
そのときのあの人を仮に
Yさんとするならば、
Yさんはロボットスーツみたいなものを
身にまとって動き回れたら
めちゃくちゃ喜ぶだろうな〜と
想像ができます。
Yさんは絵を描くのが好きで、
かろうじて動く片足で絵を描いていましたが、それを脳と直結したロボットアームで、自由自在に描けたら
嬉しいだろうな〜と
想像ができます。


そのとき、
体の半分が機械であるYさんは
ロボットなのだろうか、
アンドロイドなのだろうか、
どんな存在なんだろう?



Yさんの身体的な状態の場合は
割合だけでいうと、50%か60%が
ロボットだということになりそう。


自己決定権がなければ
ロボットとはいわないのだろうか?
ただの機械なのだろうか?

でもYさんにとっては、
その機械のスーツは、いつからか
自分との境界線はなくなると思う。
もはや自分でしかなくて、
機械やスーツではなく、、、

これはたとえば、
人によって様々な割合が
考えられる。


肉体50% 機械50%


肉体90% 機械10%

肉体10% 機械90%




人間と機械を分けるということすら
ナンセンスな時代がくるのかもしれないですよね。


そして、物質的な存在すら
持たない存在のことも
考えることになるのかもしれませんよね。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.wakuiweb.com/trackback/1301256
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.