ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio)
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトのZBbrush coreの電子書籍です。オンラインの講座と連動した内容で、デジタル原型師になるための基礎を開設しています。3Dプリントを行い、出力物を複製する方法も開設しています★
RECOMMEND
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer)
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトZBrushの基礎を開設した電子書籍を出版しています。
RECOMMEND
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO)
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO) (JUGEMレビュー »)
わくいあきら
沖縄で撮影した写真をまとめた写真集です。アマゾンのプライム会員さんは読み放題ですので、プチ沖縄旅行気分をぜひ味わってください★
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
阪急・梅田で新作販売致しますー☆
新作のアートワークの販売を させていただくことになりました☆ よろしくお願い致します〜♪


新作は30点ほどで、
旧作も30〜40点ぐらいに
なると思います。
平面作品も数点展示予定です。

大阪・梅田にお越しの際には
お立ち寄り下さいませ♪

ーーーーーーーーーーーー

タイトル:NARAマルシェ 会期:4月26日(水)〜5月2日(火) 営業時間:午前10時〜午後8時(金、土は午後9時まで/催し最終日は午後5時終了) 場所: 阪急うめだ本店10階『うめだスーク』中央街区パーク
バーチャルリアリティ・ライブ・モデリング・ショー
先日行った
バーチャルリアリティ・ライブ・モデリング・ショーの様子の映像です。

リミッツという大阪発の
イベントの中でライブで作りましたが
公式サイトでもこのライブのシーンは
本戦ではないので扱いが少なめということで、もったいないので 自分のブログで公開していこうと
思います。


全行程ではなくて
後半のライブ感のあるところだけですが。


この制作の日には
FaceBookのOculusという
バーチャル部門の代表のかたが
来ていたのですが、
映像を見ていた時に
思わず口にしていた
「クレイジー!」という言葉。
ぼくは聞き逃しませんよ。

思わず出ちゃうその言葉
それを聞けただけで
大体感じますから。

その言葉をまっていました。

そしてまさにライブモデリングの
最中に会場で見ている人から
送られたメッセージでもわかりました。


これを公開する前に
練習で自分でこのアイデアを
実行している時に、

「あ、これかなりヤバくね?」って
思ったりしたんです。
自分で言うのもちょっと
手前味噌ですけど
なんかゾワッと来たんで、
あ!これなんかいける!っていう

直感があったので
段階的にその表現に行き着いた自分でも
そう思うということは、
初見である程度の時間の尺で
これを見たらみんな驚いて
楽しんでくれるんじやないかと
ワクワクしていたんです。

https://youtu.be/H0MpmGLxUi8


こういうツールは
制作中が地味だという
俯瞰の視点が最初からあったのは、
やっぱり何年もライブペイントを
続けて来たからだと思う。


なので、このままそこに止まらずに
さらにワクワクなアイデアが
思いついて溢れてくるので
あとはどこの誰と共有するか、
どんな企画と組んで行くと
面白いのか、、、だと思う。


興味がある企画とのコラボの
アイデアがひらめいた方が
いらっしゃったら
是非ご連絡おまちしてます☆


っていうか、まあ待っていないで
自分でなんとかするかな。
準備は沢山しておこう。


とはいえ個人でできることはと
誰かや企業とのコラボは まだ見ぬ誰かと
この感動を共有する絶対量が
違いますもんね☆






インターナショナルな
プロジェクションマッピングチームを
渋谷の深夜のクラブに連れて行った
先日の写真☆
ワクイアキラホームページを新しくしました☆
新しいサイトにしました。

年々やっている仕事の内容が
多岐に渡ってきて
まとめ上げる方法がないかと
考えていたのですが、
長い間放置してしまい
ようやくある程度は
まとまってきました。

今後も気軽に組み立てられるように
作ったので、トップページなんかも
たまに新しくしていこうと
おもっています。

やり始めるとこういうことも
面白いので、今後もじっくり細部も
作っていきたいと思います☆

http://wakuiweb.com




土偶屋★
JUGEMテーマ:日記・一般
土偶屋を始めました★
まだ1点のみアップ。

http://wakui.shop-pro.jp
陶芸教室を開講することになりました@大阪・近鉄文化サロン
JUGEMテーマ:アート・デザイン
クリエイティブなことに関しての内容をほとんどアップしていない
ブログになりつつありましたが、、、
今日はクリエイティビティーな内容です★


4月から、
大阪 あべのハルカスのお膝元
近鉄文化サロンにて陶芸の粘土を使ったアート教室を
開講いたします。

 
《エンジョイ★陶アート》講師ワクイアキラ



今年の4月からはじまるこの教室は
毎月、第2・4(火) 18:00〜21:00です。

ワクイアキラの陶造形のサイト
http://wabinyo.com

ぼくはもともと陶芸家として活動しているわけではないので
一般的な陶芸教室とはちょっと違っているかもしれません。

もともと
イラストやデザイン、現代美術や3DCG、プロジェクションマッピングなどの
仕事をしているということもあって、陶芸や粘土も表現ツールの1つだと思っています。
(もちろん1つ1つのジャンルは奥が深くて一生かけても学びきれないほどだと思いますが、)

だから、教室では一般的な陶芸教室ではなくて
ぼくなりの伝え方になるかもしれません

とはいえ
土に触れることで感じる手からの感覚
いつの間にか過ぎている時間の感覚
そして一緒に表現活動に熱中するクラブ活動のような充実感

を感じてもらえたらいいなと思っています。
というか、自分で選んで陶芸の粘土に触れる人であれば
ほとんどこういう感覚になるのではないかと思います。



もちろん教室では
なんでも作りたいものを自由に作っていただくことができますが

カップ、お皿、お茶碗、ランプ、植木鉢などの定番のものも
作っていただけます。

あなたが作りたいと思っているものを実現させるために様々な技法や
道具について一緒に考え、作ることのお手伝いをさせていただきます。
もちろん、タタラ、手びねり、ろくろなどの陶芸の基本的な技術についても
ご指導させていただきます。

3/8と22には
体験教室も開催いたしますので、もしご興味があれば
ぜひ体験教室にご参加ください★
体験教室では身につけて楽しむ陶器のブローチを
作っていただこうと思っています。

お問い合わせ、ご予約は以下の電話番号よりお願いいたします。
近鉄文化サロン受付 TEL:(06)6625-1771
チカラをあわせる
去年の自分の
表現活動は
自分だけでは
実現しなかったことばかり。

以下は、企画やデザインや展示、
あるいはコーディネートなどなどの
役割を自分が担いつつ、
多くの人の参加協力、アイディアが
あって実現したもの。

ーーーーーーーーーーーー

奈良にオープンした
地域コミュニティースペースの
waccaでこけら落としの展覧会を
させていただきましたが、
これも地域の左官職人さん、大学生、
小学生、地域住民のみなさんの手によって実現。



奈良の田んぼに巨大な稲わらの
バッタを登場させてYahoo!ニュースにも
なったけど、多くの人のチカラがあわさって実現。
明日はさらに、どんど焼きで
そのバッタを燃やしますが、
これもボクの思いつきで話を
進めていきましたがさ、
大学生や大学の先生や副手さんに
ほとんど作り上げていただき、
ボクは特に何もしていない感じでしたが、まさにみたかった情景が明日実現される予定。


そして


3DCGのほうでは、夏に
スカルプディングソフトの
ZBrushによるセミナーを開催。
大阪・南港のデザイン振興プラザの
皆様のご協力と石川さんとの素晴らしい出会いと協力で実現。
定員50名のところ、64名のかたにお越しいただくことができました。
貴重なお時間を使って、話を聞きに来て
くださったかたがいたから成り立ったセミナーでもありますから、本当に感謝しています。


さらに、3DCGソフト
ZBrushの基礎講座を、
お世話になっている専門学校を
お借りして開催。
2日間みっちりの講座でしたが
みなさん真剣に3DCGの世界に
勤しんでいらっしゃいました。


さらにZBrushを使って、
デジタルライブモデリングをやったら
面白いのではないかという
閃きをご提案した際にも、
快く話を聞いてくださり、
エキシビションマッチを
開催させてくださったリミッツスタッフのみなさまや出演者のみなさま、
ともに舞台にたってくれた張くん、
3D出力をしてくれた中島さん、
出力物にペイントしてくれた藤岡くん。



8年間、一緒にプロジェクションマッピングの仕事をさせていただいている
サンタモニカのデザインスタジオさんから、アメリカのとある博物館に投映する
プロジェクションマッピングの
15シーンすべてのデザインアイディアや
スケッチの制作、そしてその半数ほどのシーンの3DCGモデリングを、わがまま聞いていただき、じっくりと制作させていただき、ディレクターさんやアニメーターさんやサウンドデザイナーさんとの
チカラをあわせた大作が、昨年の秋に博物館に投映され、大成功だったようだった。




そして、
前々からなんとなく漠然と
イメージしていたイベント。
art campの実現。
僕を含め3人の表現者の雑談から
始まったものだった。
そして別の人物からの後押しのことばも
あって、一気に企画を作り、
これもいままでの他の実現した
内容と同じく、心ある人たちの
暖かくて優しいご協力の賜物で、
12月中に2回行うことができました。



8月には奈良の昆虫館で、
多くの子どもたちや親御さんが
参加してくれたライブペイント。


11月、京都の和束町で開催された
茶源郷祭では、
1.5メートル× 11メートルの大きなキャンバスに、地域のかたやお客さんや、
奈良、大阪でデザインを学ぶ学生さんたちでライブペイントして、大きな絵が仕上がりました。



ここまで、書いただけでも
本当に多くの人のチカラで
できたことだと改めて強くおもう。




1人でヨットを漕いでも
進む量は限られているけど、
海の海流や、風や、大きな帆を張ると、
ずっとスピードが出るし、
遠くに進める。

それとともに、自分の非力さとか、
まわりの人たちのチカラのすごさを
感じる。
そして同時に、なんだか不思議な
深い喜びを感じる。

その喜びを多くの人と
共有できると、さらに
喜びが大きく深い感じになるような
そんなふうに思う。


とはいえ、いろいろやりすぎたのかも、、、と思うこともあり。。。
多くの人に迷惑もかけちゃったんだろうな、、みたいな感じの思いもね。



去年実現したことが、
また新たなタネとなり、
また来年発芽して、
どのように成長するかわからないけど、
1人で収穫することもあれば、
みんなで収穫して
みんなで味わうこともあるかも、、
なんて思うとまた今年もワクワクして
きて嬉しい。


さあ、今年はどんな感動や喜びを
共有できるんだろう☆



ワクイアキラ個展「Roll Over Archorogy」開催
ワクイアキラ個展
「Roll Over Archorogy」が
始まりました。

初日あいにくの雨模様

2015.11.18〜23
(最終日は18時まで)


ワクイアキラ展 |Roll Over Archeology

世界中で発掘される古代人が作った土偶や土器は面白い。ボクは時を超えて古代人から感動をもらっています。それならボクも未来の人を楽しませたい☆未来で土の中からボクの作品を手にしたキミがどうか笑顔でありますように☆

日時 ; 2015年11月18日〜23日 
場所 ; wad gallery
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-9-3 東新ビル 2F
tel /fax 06-4708-3616
open 13:00 ・ close 20:00 (L.O 19:30) ・定休日不定休
*心斎橋駅3番出口より徒歩5分
*オーガニックビルの斜め前のビルです。

★土偶作りワークショップ★
【ボクとキミと土偶】
日時 : 22日(土)と 23日(日)
オープン12時から18時まで。
参加費1500円
制作個数:ミニ土偶2個

一緒に小さな土偶を作りませんか?
お箸置きとしても使えるカワイイ土偶です。
完成した土偶は陶芸窯で焼いて後日お届けします☆

※ご予約なしで個展会場内で開催しています。
お気軽にご参加下さい。

愛 = 絵 その2
愛というエネルギーと

絵というものが持っている
エネルギーが近いのかもしれない。


どんな色を使うかで、
どんな分量で、どんな構成をするかで、
伝わる何かが違う

その絵を見たときに、、、

気分が明るくなるのか
あるいは
落ち着いた気持ちになるのか
もしくほ
癒される感じになるのか
それとも
燃えるようなテンションを感じるのか
はたまた
悲しみに寄り添うような感じなのか
そして
一緒に泣いてくれるような感じなのか

絵から感じる色のエネルギー

視覚は
カタチを捉えるより
さきに
色を捉える
だから瞬間的に
色からのエネルギーは人に影響を及ぼす。

もちろん見る人のココロの様子によって
響き合う色が違うから、
どんな心境の人が、いつその絵を見るかによって、伝わるものはまた全然変わってくる。

そういう考え方でいくと
アートや色によるセラピー効果も
わかる気がする
詳しくはしらないけど

絵 = 愛
なにをブログに書こうかと、、、

思いながらタイトルを考えたら、


「愛」という言葉が出てきた


そこから、
タイトルをさらにひねろうと
思って
イコールで違う言葉を
結んでみようと思った。

いまから、屋外でライブペイントを
しにいくので、「絵」という
言葉をイコールで結んでみた

さあ、どうしたものか、、

このテーマをどう展開しようか、、、


連想を広げてみようか、、


まず愛、、といえば


愛=光

ってまずそこでなんで!っていう
ツッコミが入るところだけど
まあボクの独り言みたいなブログだから
まあいいや。

で、、光といえば
色。

白色光をプリズムで分解すると
虹色、つまりあらゆる色、
フルカラーになる。
なので、
光=色

と、きたらもう、、

色=絵

ということは、、、


愛=光=色=絵

というわけで

愛=絵

でした〜笑

ちょっと強引?

「愛は勝つ」KAN
http://youtu.be/X-7IuvuCPwE

顔出し撮影パネルのライブペイント
奈良県橿原市の橿原市昆虫館で、
先日のライブペイントを行ないました。

今回は夏休み中の子どもたちや
家族連れなど多くの人が来館する
夏休み中のということで、
顔出し撮影パネルのライブペイントを
やってみました。
ボクが知る限りでは、顔出し撮影パネルとしてのライブペイントは、まだ見たことがないので、ノウハウはありませんし、特に専門知識が必要なことでもないし、まだだれもやってなさそうだから、
ただ面白そう。。っていう感じで
決行。
今回は、板に穴を開けるところから
スタートして、助っ人の子に穴にヤスリをかけてもらいながらのペイントスタート。

以前、奈良のはならーとというイベントで、描いた時のように、ストーリー展開しながら、ペイントを進めました。


それでははじまりはじまり〜
ーーーーーーーーーーーーーーーー

作品タイトル:「昆虫創世記」


最初、宇宙は、
何もない真っ白な闇が、
広がっていました。

宇宙を作った彼女は、
その闇がとても退屈に感じはじめました。



彼女は、真っ白闇の宇宙の一点を凝視して、銀河系と星々を作り始めました。



彼女は自分が産んだ星々の中でも、とくに気に入ったのは、水色の星でした。



この水色の星を、もっともっと楽しい星にしたいと思った彼女は、
水色の星に2匹の大きな白いヘビを住まわせました。



二匹の白いヘビは、水色の星の水を沢山飲んで、お腹の中に、沢山の土や石を作って、それをお尻から出して水の上に大地を作りました。

その後、空に昇って、大きな白い雲になりました。




大地には、別の星々からヘビたちが運んできた植物の種が芽を出して、広大な森へと成長していきました。

さらに白い二匹のヘビたちは、仲間のヘビたちに頼んで、他の星々から生き物を運んできました。

鳥達の住む星や、
馬たちの住む星、猿たちの住む星、
猫たちの住む星、

そして、その生き物たちの食べ物として、虫たちの星から沢山の虫をつれてきました。

沢山の星からいろいろな生き物たちを集めて、
水色の星に住まわせました。



いろいろな生き物の中でも、とりわけ昆虫たちが、数を増やしたので、白ヘビは、得意の遺伝子操作で、昆虫たちに知能を与えました。

昆虫の文明が栄え、長く反映しましたとさ。

おしまい。


@橿原市昆虫館 ライブペイント

ーーーーーーーーーーーーーーーー



描いてると子どもたちが、参加してくる。


プライバシーに配慮して、
子どもたちが顔出し撮影してる様子は、
アップできませんが、みんなとてもかわいくて、描いていても楽しかったです。

イラストレーションの仕事などでは、
納品してなんらかのメディアで使ってもらって、多くの人が見てくれる喜びもありますが、消費スピードが早いので、
作品を介してのコミュニケーションとしては、ボクはちょっと物足りない思いがありました。
そういう視点で見ると、顔出し撮影パネルは、一緒に撮影することが大前提の作品なので、誰かの夏の思い出の一枚に
加えてもらえる、、、可能性が高いということになるわけて、なんだなジワ〜っとして、他に変えがたい喜びを感じました。


多分これ、
この顔出し撮影パネルのライブペイントね、

流行るぜ☆


っていうか、もう自分の中では
かなり流行ってるぜ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.