ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio)
だれでもできる! ZBrush Coreで3Dデジタル造形師になる!: 全てダウンロードできる動画のオンライン講座と連動!! ZBrush講座 (wakui creative studio) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトのZBbrush coreの電子書籍です。オンラインの講座と連動した内容で、デジタル原型師になるための基礎を開設しています。3Dプリントを行い、出力物を複製する方法も開設しています★
RECOMMEND
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer)
ZBrush Basic Guide 日本語版: ZBrushの基礎を学んで3DCGモデリングを始めよう。 (creative open share seminer) (JUGEMレビュー »)
涌井晃
3DモデリングソフトZBrushの基礎を開設した電子書籍を出版しています。
RECOMMEND
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO)
沖縄 Blue Ocean シュノーケリング in 座間味島: 50ページの癒し写真で旅行気分。沖縄・座間味のクリアブルーを泳ぐ 写真でプチ旅行気分 (WAKUI CREATIVE STUDIO) (JUGEMレビュー »)
わくいあきら
沖縄で撮影した写真をまとめた写真集です。アマゾンのプライム会員さんは読み放題ですので、プチ沖縄旅行気分をぜひ味わってください★
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
どこに花は咲くのか
怠惰な土地に


花は咲かず




アーティストと清貧
表現の方向性は

どうであれ、


たとえばアーティストやクリエイターと

いう意識を持って、

表現や制作をしている人は

多かれ少なかれ

「お金」と「表現」について

考えたり、経験してきたこと

あるいは苦労したり、悩んだりという

葛藤を生じたことがあるのではないかと

思います。


昨日、講師を担当している

京都造形芸術大学の卒業制作展に

行ってきました。

この学校では卒業制作の作品展の
プレオープンにアートのコレクターを
招いた内覧会があって、
その時に多くの作品が売れていきます。

そういうタイミングで
アート作品を購入する人の多くは
多分ですけど、
まだ世の中に出て
活動、活躍していない
アーティストの卵達を
応援するために、結構純粋な気持ちで、
投げ銭的に購入されているのではないかな?と勝手に思っています。


ただここで、前提として
考えられるのは、

多くの方が、富裕層と呼ばれる
のですが、
では富裕層とは何か?という
定義ですけど、
リアルにいうと
日常生活ではお金な困ることはなく、
余剰金でアート作品にお金を払うことができる、とか、、
お金よりもアーティストやアートという
方向でさまざまな価値観や問題提起を
している動きそのものに、
エネルギーとしてのお金を投資
することが、自身のメンタルや
ひいては物質的な豊かさまでも
享受することにつながるという、
目に見えない領域についての
意識や価値観を持っている、、、

みたいな、、、


とか、京都造形芸術大学の
学生さんの作品の下に、
小さな赤い丸のシールが沢山ついていて、多くの作品が売れていたのを見ていて

そんな風に思った次第です。


ぼくは、この動きは大賛成です。

芸術系やデザインの学校でも
早くからビジネスの意識を持つことは
とても重要だと思うのです。

逆に、学校によっては、
学校に金銭のやり取りを
持ち込まないとか、
学校の動きとビジネスを連動させるのを
避けようとする動きもあります。



ぼくは、3つの理由から、
前者の考えを肯定的に捉えて
行動しています。

ひとつめに、
「若いうちからお金について知る」
ことの重要性を感じるからです。
日本では多分義務教育でも、大学でも、
マネタイズについて、お金の仕組みについて教えることはほぼないと思うからです。
大学を自ら選んで通っているなら、
卒業したらもう社会人だし、
お金を得ていかないといけないわけで、
就職という選択肢しかないのは、
ほんまに、戦後の教育や社会の仕組みの洗脳で、当たり前に思い過ぎていると
思うんです。

殆どの学生さんは、社会に出てから
社会を知るでしょ?
でも、普通に考えたら
社会に出るために大学で学ぶんじゃないの?
大学で世の中を学んで、
それからあとは、一人で社会に出て
自立して行くんじゃないの?

そうだよね?
本来ならそういうものなんじゃない?
大学って。

資本主義の世の中に出ていくのに、
お金について学んでいないのは、

運転免許持っていないのに、

路上を運転するようなもんでしょ?

バスや電車は、いわば「企業」。
行き先も、路線も決まっている。

免許もってなかったら、
結局は、バスや電車に乗るしかない。



あ、まだひとつめの理由について
書いてきただけなのに、
なんだか熱くなってきて、まだまだ
書いてしまいそう。

早くからお金についての知識を
得れば、若い段階から一人で
自分の道を
歩むことができるんです。




二つめの理由としては、
「人や社会と、自分の関わりが見える」
ということです。
商品やサービスや表現活動によって、
誰かの問題を解決したり、
欲求や需要を満たしていくことで
お金のやりとりが生まれるわけですから、

いま、社会の中で何が問題なのか、
どんな欲求があるのか、
どこに需要はあるのか、


お金について学ぶことは、
そういった世の中と自分の力や
アイデアを繋げて考えることに
なるのです。

これは、最初は
住んでいる地域や国の中についての
問題や需要ということ考察から
始まるかもしれませんが、

たとえばお金なついて学んでいくとき、

日本国債や、外国債というカタチで、
日本や海外の国々の経済事情を意識することにつながります。
さらにそこから、
各国の価値観、宗教の違いについて
あるいは職、教育、医療にまで
意識が及ぶかもしれません。


そして3つめのところに
つながっていきます。



多くの国々に、
意識がおよぶと、
日本と海外の国々の違いを
知り、

なぜこんなに違うの??

となります。


なぜ違うのかと考えていくと、

必ず歴史に意識を向けないと

紐解けないことがわかります。

それではどこまで

歴史を紐解いたらいいのか、

これは国によっても違います。


たとえば、日本であれば

いつから今の日本のような価値観、考えに至ったのだろう?

と考えれば、

戦後?

アメリカとの関係、、
戦前?

アジア、ヨーロッパとの関係、、
明治維新?

倒幕ってなに、、
江戸時代?

江戸時代に学ぶってどういうこと、、?
、、、、


そうやって縄文まで遡る人も
多いと思います。


では縄文人とはなんなのか、、とか。



アーティストとか表現する人は、
アートの歴史や文化の歴史を
辿っていくうちに、歴史を遡って
自身の表現のコンセプトや価値を見出したりすることもありますが、
そんな時でもお金のことは
きっと抜けてしまうことが多いと思います。


それは多分、清貧という
洗脳が原因だと、
今のぼくは思っています。


アーティストは、苦悩の中で
見出すものだ、、みたいな考え方。

泥から蓮華を咲かそう的な。



でも、それほんまかな、、?
いつも自分に問うています。



ぼくはたぶん、
富裕層と言われるように
仮に自分が成ったとしても、

たぶんですけど、
なんか作りてー!
表現したいわー!!って
思うと思う。


だから、まずは
自分の中から、
清貧ということばを
消去。

そしてそれを実践しよう。



今年も、いろいろな人と
出会って、力を出し合って、
楽しく、ワクワクしながら、
実践していきたい


2月16日という

旧暦の新しい気の流れの中へ

そういう想いを、放つー!!!

?(*´?`*)?

驚くべきこと☆
コインチェックは

わずか71名の会社で、

自己資本で

460億円分を顧客に補償するという

発表を

ハッキングを受けて

NEMが流出した後

わずか1日で発表するという

この事実は、

もう過去の企業ではありえないこと

ですよね。


そんな小さな会社なのに

なんで、、?

っていうね。


でもそれによって

仮想通貨市場がどのくらいの

規模で動いているか、、っていうことですよね。


もうさ、そのこと自体が革命的やん。




しかも、それでもまだまだ
日本でも、やっている人は
10%にもなっていないくらいですよね。




それも2〜3年かけてゆっくりと
広がって、、 オリンピックには、
確実に爆発的な動きがあるんでしょうけど、
それ以前に色々な場所に実装させて、

仮想通貨での売買の
システムを普及させていくんでしょうね。

ドローンや、AIや、ロボットや、
AR、VRなどが、オリンピックの開幕式には活躍するんでしょうね。


仮想通貨と教育☆
仮想通貨に関して、
世界各国政府が、
規制を強め始めましたね〜。


っということは、
仮想通貨がどういったものか、
逆に浮き彫りですよね。
ものすごい可能性と勢いを
持っているから、
国としてはそりゃ怖いですよね。


でも、プログラマーさんたちはさすがですよね。もう人工衛星飛ばして、
そこでやり取りする仕組み作っているから、もう国家とかそういう狭い枠を
飛び越えているよね。





ロシアの大学では

仮想通貨の講義が
始まっているようだし

オーストラリアの
小学校では
仮想通貨の作り方の
授業までできたみたい。

いや〜、動き早いなぁ。

日本はどうかといえば、
何年先になるんだろう??


とはいえ、もう学校で
教えなくてもいい時代かもね。

独学でもいいし、オンラインで
いろんな情報とれるもんね。


そんな中でも、本は
やっぱりじっくりゆっくり
自分のペースで読み進めて学べるから、
ぼくは昨年末くらいから、

お金のことを学びたくなって
仮想通貨について 紙の本と電子書籍とで、
10冊くらい読みました。

そんな中でも、
とてもわかりやすくまとまっている
本があるのでご紹介。





この本は、なんといっても
イラストが多くて、視覚的に理解を助けてくれるので、わからなくても何度もみたら、わかってくる本。
1/10に出たばっかり。
とにかくすごくわかりやすい。




そして、下の本は、そのあとさらに
話を発展させて、今後の未来が
仮想通貨によってどうなるか、、、
ということが書かれています。







大阪駅隣接の
梅田のルクアの中にある
大きなツタヤにいったけど、
最初の本はありましたが、
もう一方はありませんでしたし、
置いているスペースも狭かった〜。

数人の学生さんが、

大学生かな?
本を買おうか、、どうしようかと、、
数人でもじもじしていた。

バイト代少ないしなぁ、とか、
お金のないしなぁ、、とか言ってね。

いま、思ったけど、そこにいた
全員に買ってあげればよかったな。
気が利かなかった。

未来に投資すればよかったと
おもった。

というかね、、
ほんまそんな風に思うくらい
ほんまに、世界が変わって
いってるからね。


信じるか信じないかはあなた次第です!!っていってる場合じゃないからね。



もうすでに革命ははじまっているよー!!


これからを担う若い人が
どんどん学んで、
ピラミット構造をひっくり返すような
時代だぞー!!
それももうあと、数年の話だと思うよー!!






今年は、国家と民衆の
戦いで、過去のものが崩れていく年のようだから、、数霊的にね。
中央集権や、既得権益が壊れて、
大逆転の世界になるのかな?







「日本」は、可能か?

以前、森美術館で開催されていた

展覧会のタイトル、


「芸術は可能か?」というもの。


芸術はこれからも必要で、

芸術はこれからも芸術で

あるかどうか、、、みたいな


感じだったと、ボクは感じました。

そんな展覧会のタイトルから、
今日のブログのタイトルをつけて
みました。

この「可能か?」っていう問いを、
自分の中で、いろいろな言葉と
結びつけて、自問自答してきた。

「宗教は、可能か?」
「企業は、可能か?」

「教育は、可能か?」

というふうに。


自分の中で、その問いに、
否定と肯定を繰り返す。


必要であり可能である理由。
不必要であり不可能である理由。



そして、「お金は、可能か?」


と、、、、

ーーーーーーーーーーー




昨年末から、

ずっと、お金について

書いて来ているけど、

作品表現するということに

自分の軸足を置いて来たんだけど、

これからの時代や世界の

流れを見て来た時に、

お金の世界に
新しい革命が起きている、、

ということに

気がついたから、

自分の記録として、

そのことを

書いて来ている。



作品作ったり、楽しいことしてるときは、お金のことを考えないで
集中してしまうから、今まであまり
お金について考えてこなかった。



資本主義経済の
ベースがお金だから、
学ぶ必要があるとおもったから。






あともう2〜3年の話だと思う。
仮想通貨とブロックチェーンの
システムが一気に
世界に浸透していくこと。



情報の波は、
能動的に
頭を体を動かして
波に乗っていこうと思っていて。


別の選択肢としては、 波の影響を受けない
深海の方に行って、
進化を止めた
シーラカンスを見習うか。




ぼくは、前者を選びました。



答えはそれぞれが
見つけるしかなくて
どこから情報を得て
どういう選択をしていくか

本当にそういう時代になったなとおもう。



陸に上がったユ ーステノプテロン☆
今から約 3億 6 7 0 0万年以上前、

デボン紀末期


総鰭類のユ ーステノプテロン

というたった 1種類の魚だけが 、

陸に上がろうとした。



魚類は、水の世界しか
認識できていないはずなのに。

陸の世界がある!と
想像したのだろうか。

水の中に危機感を感じて、
上へ上へと登って行った結果
なのだろうか。


最初に水面から顔をだしたとき

どんな感じだったのだろう。

苦しかっただろうか、

空の広がりを見て
感動したのだろうか。





ユ ーステノプテロンの

突飛な行動が、


動物の進化の根源にあって

人類の進化につながる。





突飛とも言える行動は、

もしかしたら自分を

一気に進化させる未来に

つながるかもしれない☆




第四次産業革命☆
第四次産業革命は、

すでにはじまっている。




第一次は、石炭と蒸気機関。

第二次は、石油

第三次は、インターネット


そして、第四次は、

フィンテック。


「フィナンシャル(金融)」と
「テクノロジー(科学技術)」。



産業革命って、

ほぼ全ての国の ほぼ全ての人の、
ほぼ全ての 仕事、文化、経済に
影響を及ぼします。


第一次〜第三次までの
世界がそうでした。



当初、インターネットに懐疑的な
意見や考えもあったでしょうけど、
いまはどうかといば、
もうほぼ空気みたいに
当たり前になっていますよね。
特に若い世代はそうですよね。
生まれながらにして、当たり前に
目の前にあるもんね。



テクノロジーってそういうものですよね。


扇風機、テレビ、冷蔵庫、エアコン、
車、パソコン、電子レンジ、炊飯器。

これらは当たり前になってますけど、
最初は、モノ好きな人の、あるいは
お金持ちの持ち物だったりしたわけですけど、

いま、当たり前ですもんね。

ちなみに、我が家は炊飯器と電子レンジは、使わないので持っていません。




第四次産業革命の

キーワードは、

P2P、ブロックチェーン、仮想通貨。

こういうものが大前提になって、


もうすでに

第四次産業革命は

始まっている。



ボクは、アートやモノづくりや
自己表現の世界に軸足をおいているんですけど、

この第四次産業革命は、

僕にとってヒラメキ、アイデア、の
宝庫で、

僕のこれからの未来にとって

なくてはならないというより、

切っても切れない、

あるいは、数年後に

空気のように当たり前に

なる内容ばかりだから、

とにかくその分野の本を読むのが

楽しくて仕方ない。


昨年の12月末くらいから、
「金融」関係の本だけで
10数冊くらいは、吸い寄せられるように
読んできた。

こういった内容は
多分大学でも教えていないから、
これからは増えるだろうし、
そうならざるを得ない未来になります。






いままで、非現実的なSFな
お話や、宇宙の、怪獣の、妖怪の、ロボットの、宇宙人の、そういう話が
大好物でしたし、いまもそうですけど、

そこに「テクノロジー」と「フィナンシャル」の領域が入ってくるわけだから、
そりゃあもう、頭の中は面白いアイデアでさらに濃厚なミックスジュースが
出来ていきます。

さあ、それをどうやって
実現しようか!ということなんですけど、
いろんな人と一緒にやりたいんですよね。
面白い内容を共有したい☆




みんなで楽しめる未来を
作りたい☆



もうそれでしかない。


そういった未来のイメージの中に、


イメージの中から 少しづつ消えていくものも

当然あります。





お洗濯の時に、洗濯板が使われなくなったように。
水道から整備されて、
お洗濯で、川に行かなくてもよくなったように。



便利なものができると、
過去のものは不便だ、、、となるから。

文明はそうやって発展してきたし、
それが人間だから。


だから、 未来のなかで、不必要だと
多くの人が潜在的に
思ってしまった
考え方、モノ、仕事、教育、食べ物、
宗教、とかとか、人間の生み出してきたあらゆるものが、
未来の世界にも存在し
得なくなると
思っています。



完全に消えてしまうとか、
物理的に消滅する、、とか
そういうことではなくて、

自分にとってのスコトーマ(盲点)に
なっていくのだと思います。



ある人にとっては、存在するんだけど、
ある人にとっては、存在しない。


パラレルリアリティ。
逆にいうと、価値観や見ている未来に
共通性があるもの同士しか、
お互いを認識しなくなるし、
そういうところにだけ
共通の「場」や「関係」が
生まれるような


そんな気がしています。





最後に、すごーく
数字でわかりやすい例を出すと、
2ちゃんねるのキャラクターである
モナちゃんをモチーフにした
モナコインという仮想通貨。

2017年の初めに
ファンの人や、そこに価値を感じて、
10万円くらい買っていた人は、

2017年には、700倍になって、、、


そう、

7千万円になった。。、という人が
世の中に沢山いたわけです。

ほかにも、モナコインのような
仮想通貨が沢山あって、

それはこれからもあると言われてて
今が、仮想通貨の黎明期。



知っているか、
知らなかったか、、

きっかけは、
それくらいの差でしかないんです。

そこに、未来や価値や、面白みを
感じることができるかどうか。

ギャンブルや、
投機という次元だけでは
測れない、語り得ない、何かが、
もう動き出しているということ。




つまりそれが、
第四次産業革命の

始まりの

始まり☆

仮想通貨は日本が主導する★
日経新聞の記事によると


アメリカに住む人の多くが、

日本が仮想通貨を主導していくと

思っているそうで、

欧州の人の多くか、同じく

日本人が仮想通貨を主導していくだろうと

アンケート結果があったそうな。




実体経済に浸透するのも、
2020年のオリンピックという
アジアの経済に大きな影響をもつ
イベントがあるし、
3〜5年で一気に浸透すると
思っている人が多いのかな。



といことは、世界はだいたい
大きくそっちの方にジリジリ動くと思う。勝手にそう思っているだけだけど〜。





日経新聞の記事にリンク



中国、日本、韓国などの
市場がすごく大きいからだろうと
思いますけど、


個人的には

仮想通貨の世界の

金ともいえるビットコインを

支えるブロックチェーンのシステムの

論文を公表したナカモトサトシさんが

日本名だったから、、、

というのも大きいのだと思う。




ナカモトサトシさんは、

もう姿をくらませてしまって、、、というか、今はもうその人を特定できないみたいですが、

僕は勝手に想像を
膨らませて楽しんでいる。


キーワード的には、

ユ◯ヤ、か

イス◯エル、か

そういった金融に強い方面で、

かつ日本との関連の深い、

どこかのど天才か、、





あるは、震災のことを
よく知っている

ど天才の高校生プログラマーか、、、。


あ、これノンフィクションで
物語書けるな笑、書いちゃうか笑
だれか書いて〜笑




あるいは、
表側に出てこない裏日本の

ある種の組織か、、、みたいに

お話を想像して楽しんでいます。


だとして、その目的は何か、、とか

映画マトリックスのセカンドシーズンの
お話でもできてしまいそうな妄想。



もう一つの妄想としては、

僕の大好物の宇宙人説です。


地球の文明の歴史に関与していると

言われる
惑星ニビルとか、

ニコラ・テスラも、そこからの信号を
受け取っていたと言われている

「黒騎士」。

これもまた、面白いSFのお話が

出来そうだ笑


リップルと銀行と世界の動き★
昨日の読売新聞の記事、


銀行が仮想通貨の技術を

導入することによって

手数料が10分の1くらいになる、、、


とありました。


そりゃあそうですよね。


このままだと、みんな仮想通貨に

しちゃうから、銀行の生き残り戦略としては、やっぱり仮想通貨の仕組みを
急いで稼働させて、顧客をホールド
しないと!!っていう感じなのでしょうか。


例えば、

海外の送金だと、銀行によって
幅があって送金手数料が
3000円〜6000円くらい。




いろいろな企業でも、
個人でも頻繁に送金する人なら、
結構重要な要素ですよね。

一気に10分の1ってかなり
思い切った数字だと思いますけど
どうなんでしょう。

それくらい急ハンドルきる必要が
あったということかな、、とか思いました。

税に関することもまだまだ
全然追いついていないみたいなので、
個人個人が
先回りして
税についても良く学んでおく
必要があると思いました。



そういうことに、全く疎かったし
興味がなかった反動か、
いまはなんだかすごく
知らなかった領域を学ぶのが
楽しいです。

こういうことは、
僕の周りのアーティストや作家さんと
どれくらい共有できるんだろう?

普段リアルにお金の話をしないから、
全く想像が及ばないけど、

きっとみんな興味があって

知りたいのかな?どうなんだろう?


今回の銀行の件では、

仮想通貨のリップルの技術が使われていますが、
リップルは、

時価総額1位のビットコイン、
2位のイーサリアムに続き
先日一気に、3位になりました。

日本や世界の経済や世の中の
ニュースによく目を凝らしていると、

あ、次にこの仮想通貨が
伸びてきそう!!とか予想できたり
するんですね!



逆にどの仮想通貨が伸びてくるかによって、その通貨はそのまま社会システム、経済システムに影響を及ぼすので、
仮想通貨の時価総額ランキングを
見て、その通貨の意味を調べていくと、
だいたい世界がどういう方向に
進もうとしているか、
わかりますよね。


資産運用という教育の義務化
銀行が、お金を集めたかったから

預金をしましょう!という方針が、

その価値観が

日本に広がったので、

今でもタンスや銀行で、
動いていないままのお金があって、
そういう動いていないお金が、


なにも生み出さないお金が、
日本の企業の発展を助けてこなかったので、

いま日本は、

なにかを生み出す力が

どんどん縮小しているんですね。






プログラミングの必須化もいいけど、

投資とかの考え方、金融を
義務化した方がいいとおもう。
強くおもう。
当たり前のように、そこをやらないと
もうほんまにあかん。

そんなふうに思っている。
、、、とボク自身が思うから
来年からまた実験の日々を始めよう。

色々見たり聞いたりで、

この12月は、世界のお金の

流れについて

いろんや本を読んだりしてきたなぁ

まだまだ自分の知らないことが

沢山あるし、

まだまだ知りたい。

来年も本を読んで、

この世界で生き残る、

そして自由に生きるすべを

探していこうと思います。




アーティストが、お金の話を

した途端に、ちょっと違和感や、

引いていく自分を感じたら、

それある意味での洗脳の度合いを

表している。

貧しく報われないけど、

制作をしてなにかを生み出している方が、

なんだかキレイに見えるのだと思う。

純粋に生み出された作品、、、みたいに

見えるのだと思う。


それでこそアーティスト、、みたいな。

でも多分だけど、

これからの時代

は好きなことをして、

作品表現や自分を表現して生きることは、

それこそ、お金と仲良くなる必要があると思っている。

当たり前のように気持ちよく
流していくエネルギーであり、

自分の信用の数値化されたもの。


だから、フィナンシャル活動、
あるいはマネタイズも、
今まで以上に意識を向けて行こうと、、、


2017年の最後に思う。


そしていつか、
そういうことを振り返って
若い人たちに伝えることが

できればいいなと思う。


かといって、そういう言葉が

うるさく聴こえてしまうような

老害になるくらいなら、


資産を若い可能性に

BETしちゃうくらいの

生き方をしたい★br />




(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.