ワクイアキラのブログ

日々の日記や仕事のこと、ふと考えたどうでもいいことなんかを気ままに書いていきます☆http://wakuiweb.com
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。 「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに 書いていきたいと思っています。
 
メールアドレス
RECOMMEND
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。
RECOMMEND
バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。
RECOMMEND
リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。
RECOMMEND
三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。
RECOMMEND
銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。
RECOMMEND
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。
RECOMMEND
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ZBrushをさわって覚える体験講座を大阪・梅田で開催
ZBrushをさわって覚える体験講座を大阪・梅田で開催。 日程は8月26日(土曜)の9:00〜16:00★ 作った作品を光造形3Dプリンターで出力してお送りします★  3つのオンライン講座の無料受講クーポンも付き。お申し込みは8月25日まで☆
詳しくはこちらです


だれでもできる!ZBrush Core で 3Dデジタル造形師になる! - フィギュア造形初級編- ダウンロー&オンライン学習 リリース!!
だれでもできる!
ZBrush Core で
3Dデジタル造形師になる!
- フィギュア造形初級編- ダウンロー&オンライン学習
リリース記念
限定20名
半額 キャンペーン

7/7まで!!!


https://www.udemy.com/zbrush-core/?couponCode=ZBC001


アメイジングなショー☆
アメリカ・サンマテオ博物館 150周年レセプションの プロジェクションマッピングの ショーが今夜開催☆ ボクが担当した箇所は、 メインビジュアルのイラストにも なっているキービジュアルの タイムマシーンや、 そのタイムマシーンとともに キービジュアルでもある ガイド役のロボットの他、 ミュージアムのあるRedwood cityの 歴史を感じる7シーン。 各シーンの コンセプトアートに始まり 3Dモデリング、 デジタルペイントを 担当させていただきました。 Bart Kresa Designが手掛けた スペシャルでアメイジングな このショーの様子は、 動画公開されたら またご紹介させていただきたいと おもいます☆

ベートーベン第九をプロジェクションでアップデート
2/19オンエア テレビ朝日
題名のない音楽会 2500回記念 で ベートーベン第九と、プロジェクションマッピングのコラボ
です☆ はじまりの3つのシーンとか
3D関係を中心に、 Bart Kresa Designのメンバーとして 制作させていただきました☆


会場の サントリーホールのパイプオルガンは
とても見事で、3Dでモデリングしている
ときもその存在感に圧倒されながら
これが鳴るなんてすごいな!!
誰がこんなこと考えたの?
なんて
思いながら制作していました。
なかなかタイトなスケジュールで
年明けから自宅での徹夜気味作業と
会場でも連日なかなかハードな
スケジュールでしたが、
歴史あるクラシック音楽や
東京フィルハーモニー交響楽団さんや
合唱のみなさんとの生のコラボは
本当に大感動で鳥肌が止まりませんでした。
こういう奇跡的な出会いに本当に
感謝です。生きてこういう光景を
見せていただけたことに、素晴らしい
出会いに感謝です☆ 会場で第九を聞いて改めて思いましたが、 当時であれはきっとみんなおどろいた 曲だったんだろうな〜って☆ 今聞いてもゾワッといい感じの鳥肌立ちます☆



無料の3DCG造形ソフト 「Sculptris」の使い方講座を アップしました☆
世界最大級のオンライン学習サイトにて
フリーの3DCG造形ソフト
「Sculptris」の講座を
アップしました☆
割引受講は以下より
ご覧くださいませ

※割引のサイトからの
お申し込みが
定員の10名に達しましたら
通常価格に戻ります。
ご了承ください



無料の3DCG造形ソフト
「Sculptris(スカルプトリス)」
のオンライン受講はこちらから☆









ワクワクメールマガジン登録はこちらにメールアドレスを入力してください。

「人生のコツ、夢を叶えるコツ」などの記事は、今後はブログではなくメールマガジンに
書いていきたいと思っています。





EMMY Awardのパーティーに参加☆
ロサンゼルスでの
経験や思い出を綴って
今回で3回目の記事なんですが、
今日の内容はロサンゼルス滞在の
最終日のことを書こうと思います。

とはいえ、まだ書きたい内容も
あるので日時はバラバラで
書いています。


今回の滞在でお世話になっていた
バートさんとはもう早いもので
10年程のお付き合いですが、
バートさんが日本に来た時には
一緒に晩御飯をご一緒させていただいたり、お茶しながら作品について
お話させていただいたりして、、

そして今回は、
バートさんが長年手がけている
EMMY Awardのあとの
パーティーに華を添える
プロジェクションマッピングの
お手伝いをさせていたたまきました。



そのあとは
正装に着替えて
実際に受賞者の女優さん、俳優さんや
映画製作関係者のみなさまに紛れ
パーティーに
参加させていただきました。



ぼくはあまり映画にも詳しくないので
VIP入り口を通って入ってくる
有名人の皆さまのお顔がわからず
とにかく周りはみんな知らない
外国人ばかり(^^;;



それにしても
すごく貴重な経験を
させていただいたと思います。
なぜ自分がそのパーティーに
参加しているのか、なんだか
不思議な感覚でした。
それが正直な感想でした。

なんだかワクワクしているし
パーティーの飲み物食べ物も美味しいし
ポーランドやアメリカやドイツの
友人たちと楽しいひとときなのですが、

なんというか、、
頑張って、頑張って、
努力の末にぼくいま此処にいます!
っていう感じじゃない感覚。

なんとなく流れのままに
出会いのままに
楽しんできて
大きな流れの中で心地よく
いまここにいる感じ。

とにかく心地よくて
疲れもなく
ゆったりとしていて
なんだか穏やかなキモチ


しかも
なんだかデジャブー感がある。

そう、、、


実は今回の滞在は
何度も何度も
夢で見ていました。

夜寝ている時に見る方の夢です。

1人で、アメリカのどこかの
街をさまよい歩いている様子。
そういう夢を何度か見ていました。

今回の滞在で
デジャブーのように
既視感のある景色を見たり
なんとなく過去に感じたことがある
雰囲気を感じていくなかで、、

あ!これ夢でみたやつや!

って思い出しました。



ぼくの人生の岐路だったり
人生の流れに大きく影響を与える
出来事は過去にも夢で見ていることが
何度かありました。

3Dモデリングソフトの
Zbrushを始めた時もそうでした。
最初は夢がきっかけでした。
そのこともまたいつか書こうと
思います。



パーティーのほうに話を戻します


みんなひととおり
食べたり飲んだりして
お腹も落ち着いて
お酒も程よくまわってくると

やっぱりあるんですね

ダンスタイム

This is AMERIC!!
な感じ

でもなんだかすごく
自然なことだな〜って
おもいました。

だって美味しくって、楽しくって
程よくお酒も入ったら
そりゃ歌ったり踊ったり
したくなりますよね。
なんだかダンスが出来たら
よかったなー、ダンス習いたいかもー
とかおもいましたもん。

このダンスについては
帰りの飛行機の中での
これまた不思議な出会いに
つながる内容なので
また続きのロス滞在記録に書きたいと
おもいます。


そしてパーティーの話に
もう一度戻って、、(^^;;


そう、そうなんですよね
楽しくなってくると
体を動かして
その感情を表現したくなるのは
自然な人間の衝動なんだと
感じました。
「感じたことを表現する」
という流れ。自然なことなんだなと。

だから逆にイライラしたときも
表現しちゃう方がいいというか
自然なことなんだなとおもいました。

ポジティブな感情や表現は
出してもいいけど
ネガティヴな感情や表現は
出しちゃダメみたいな
ことってなんか違うのかも、、
っていう気づき。
あくまでもぼくの中の気づきです。



そうそう、
沖縄の人も
食べて飲んだら
みんなで楽しく踊ったり
歌ったりしますよね。

と考えると
居酒屋さんとかに行ってから
カラオケいくのも
自然な表現なんだな〜と思いました。


ロサンゼルスのパーティーの話から
日本の居酒屋の話で終えるのも
いいかな。

さあ駅に着いたので
ここまでで☆






ロサンゼルス一人旅 1day
15年ぶり、2回目の
ロサンゼルス。
最初に来たのはゲーム会社時代の
お仕事で、モーションキャプチャーの
ために来ましたが、
今回は初のアメリカ一人旅。


サンフランシスコ空港で
国内線に乗り換えて
ロサンゼルスに着いてから
タクシーに乗って
教えられた
サンタモニカの家に着くと
さあ一体どこから入ればいいのやら、、
(^^;;

10分ほど外で待ちましたが
思い切って玄関を開けると
普通に入れて掃除のおばちゃんと
遭遇。
で、なんとなーく入れたー笑

なかなか気持ちのいい一軒家。
3部屋のベットルームのあるお家。

入って10分ほどすると
ポーランドから来ていたミハエルさんが
散歩から帰ってきたので、
一緒に近くのスーパー「whole foods」へ。

多分店の商品の80〜90%くらい
オーガニックなんじゃないの?
というぐらいの
日本にはほぼありえない
ビックリする規模と品揃えのスーパー。

必ず行きたいと
思っていた店に偶然にも
ミハエルさんが
連れてきてくれました。

買い込んだ後は
キッチンでいきなりの
クッキングタイム☆

機内で全く寝ずに
映画を3本も見ちゃったから
今頃眠いや笑

今からミーティングなのにね。

って書いてたか
横でミハエルさん爆睡してますやん笑












この部屋なんだか、心地いい☆
だれでもできる!スカルプトリス解体新書で3DCGデビュー〜キャラクターモデリング編〜

 

だれでもできる!スカルプトリス解体新書で3DCGデビュー〜キャラクターモデリング編〜

 

 

という3DCGのオンライン講座を新たに開講いたしました。

 

この講座は、3DCGスカルプティングのソフトとして

現在3DCGの業界標準となっているZBrushを扱う前の導入編として、

sculptrisという無料のソフトについてご紹介する講座です。

 

3DCGについて全くの初心者のかたでも、気軽に3DCGでの

造形・彫刻を学ぶことができる《Sculptris》(スカルプトリス)という

アプリケーションは基本画面のほとんどが直感的に理解できる

アイコンばかりで構成されているので、ZBrushの英語表記の基本画面に

抵抗感のある人でもスムーズにデジタルモデリングを始めることができます。
基本画面、基本操作の解説に加え、ご家庭で出力してご覧いただける

基本操作のpdfデータ(今後アップロード予定)も

合わせてお使いいただけます。

年々あらゆる業界でのデジタル化が進み、
3DCGを学んでおくことは
転職の際に、あるいは新卒入社の際に企業から求められる
必須スキル習得という面から見ても、
映像や3DCG、ゲーム業界、歯科技工士、デジタル原型師、

イラストレーター、広告デザイン、3Dプリントという幅広い
仕事の選択肢を得ることに直接的につながるのではないでしょうか。

今なら期間限定で10名様まで

こちらのオンライン学習サイトの

Udemyより半額受講できます★

 

この夏、3DCGを始めてみようと思っていたかた、

すっとやりたいと思っていたけどまだ、難しそうで
始めていなかった方、ぜひ覗いてみてください。
※WIfi環境でダウンロードしてからオフラインでも
学習できるので、時間も場所も選びません。

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

https://www.udemy.com/sculptris01/?couponCode=SALESCULPTRIS01

自分を信じること
いまオンラインの講座を
作ることに力をいれ
時間と情熱を向けている。

実は自分の中では
作品を生み出すことに
等しく価値を感じていて

それこそ、
ある時に、
ビビッときて
オンライン講座の制作を
始めました。

ビビッとくることは
今までに何度か経験していて
6年ほど前にZBrushを始めるときも
そうでした。

今回のオンライン講座の制作も
6年前のその時から
つながっている

もっというなら
10数年間の専門学校や大学での
講師の経験を一つのカタチに
していると考えると
もう10数年間の経緯の上での
現在の行動。

だからすでに、自分がオンライン講座を
作るというベースは出来ていて、
そこにudemyさんからのオファーが
あったから
渡りに船というやつだ。

でも今までにそんな船な乗ったことがないから、もちろん乗るには勇気がいる。

とはいえ、先行投資的な物理的な
ものは必要なくて、
必要なのは今後に
講座を作る情熱と時間と、

あとは
それをやろうと信じる心だ。
これがないと始まらない。


何事にも
この自分を信じる心が
あれば
情熱は湧いてくるし
時間をかけても苦にならない


信じる心の火


これを大切にしたい

この火を維持するのは
時にとても孤独だったりする

全体像が見えていて
その全体像を作り切るには
数年かかるかも、、と
わかっているから
余計にその火を絶やさないための
心の持ち方にも気をくばる

自分の心の火が
継続される上で、
ある程度結果が出てくると
また勇気がわく

そして理解してくれる
人がいるとさらに
やる気も膨らむ


目の前に見える光を
信じようと

改めて思う今日です。






ドラゴンクエストライブスペクタクルツアーの制作
ドラゴンクエストライブ
スペクタクルツアー

制作のため
静岡県掛川市に
10日間ほど滞在しています。

このショーの大規模な
プロジェクションマッピングの
制作でロサンゼルスから来ている
Bart Kresa designのメンバーとして
ボクは日本から参加していますが、

代表のBart Kresaさんとは
長いもので、
もう8年のお付き合いです。

今回はインターナショナルな
メンバーとともに、同じ部屋で
仕事ができるのでかなり
エキサイティングな時間、、
とはいえ、、
夜の仕事が長く
なかなかハードなんですが、
すごーくいいショーだと思うので
多くの方にぜひ見ていただきたいです。

ドラクエを知っている人は
もちろん知らなくても、
この日本最大級の初の試みは
今後のエンターテイメントの新しい
表現を提示するものだと思うので
一見の価値ありですよ〜☆

ぼくは不思議なご縁で、
今回はプロジェクションマッピングの
制作以外に、、なんとショーの中に
出てくる重要な存在の
制作にも関わらせていただいております。

そうそう、ドラクエ好きなら
誰しもご存知の、、
ドラクエ3から
登場の、、
勇者を未知へと運ぶ
あの〜〜ちゃんです〜☆



写真は、
Bart Kresa designの
チームTシャツです。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.