ミラー☆

  • 2017.05.22 Monday
  • 09:07
世界は鏡


会う人は

みんな自分の写し鏡


あの人が嫌いだと思うその部分が

実は自分の中に同じようにある。

逆もしかりで

あの人の中の好きな部分は

実は自分の中にもある

だから自分を好きになりきれば

会う人すべてを好きになる

というか、好きな人にしか

会わない人生がはじまる。


嫌いな人にあったなら、

自分を見つめ直すチャンスだし


人のいいところを見つけていく

トレーニングだと思えばラクだ。


僕はラクをすることの方が好きだ☆



向学心☆

  • 2017.05.22 Monday
  • 08:01
月曜の朝
ふと、思ったことは


心理学、物理学、

脳科学、機械工学、

経済学とか

他にもあるけど

そういうことを

海外の大学で学びたい☆

しかもすごーくいい環境のところで☆
しかも仕事もしながら、

しかも家族と一緒に☆


いいね〜☆
ワクワクする☆





子供の興味や関心も

きっとそんな風に

なんだか自然に湧き上がるのかな


いろんな選択肢を見るほうがいいよね。

早くから専門性で縛られないほうが

いいのかもなと思う。




覚えている産声☆

  • 2017.05.19 Friday
  • 07:32
覚えている産声は


少しだけ頼りなかったけど


いまは、


ママの耳をつんざくような


残響が長く耳に残るほどの


大声で泣いて

自分を表現できるように

なったね。




もっともっと泣いて

感情を、感動を、

表現しちゃってね〜☆



大人になると

泣きたくても


こらえちゃうときとか
我慢しちゃうときとか

泣くに泣けない複雑なときとか あるからね。


でもほんとは大人になっても
沢山泣いてもいいんだよね。



パパも
よく泣いたな〜(^^)




産声を聞いた時も

フライング的に

ママより先に

パパ泣いたな〜笑


いつはじめてもいい☆

  • 2017.05.18 Thursday
  • 06:10
余命を宣告されなくたって、


明日、世界が終わらなくたって


今この瞬間から、


好きなことだけやって


生きても


いいじゃん☆


最近欲しいもの☆

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 12:20
最近は、

そんなに物欲もなかったですが、

1つ前のブログの

記事にも関連するのですが、


欲しいものが見つかりました。




小回りが利いて
キャンプとかしやすそうな車


それと、


その車にいつも
積んで置けるような
キャンプ用品のセット☆



いいものに出会えるといいな☆


社長さんから学んだ子育て法☆

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 08:09
ボクが以前、

よく仕事をさせていただいた

会社の社長さんとは、

コーヒーをいただきながら

色々なお話をうかがいました。



その中でも、

社長さんの息子さんとの

お話が特に印象に残っているので

書こうと思います。




この社長さんは、

まず、基本的に仕事をしたくなくて
一週間のうちの3日間だけ

働く生活をしたかったんだそうです。




社長さんいはく、、 「
まだ株式会社にしていない時には
フリーランスとして
個人でやっていたし、
1案件30万くらいの仕事を 一ヶ月に1本か2本くらい受ければ
十分暮らしていけたんや〜」


「はように仕事を済ませてしまえば
後は自由な時間やろ?」


当時はだいたい3日間働いて
4日間は自由な時間だったそうです。

そういった過去の経験から、
必ずしも週に5〜6日働かなくても
生きることができるスタンスを
社長さんは体感しているので、
その後も、
週に3日間だけ働くことを
ベースに考えることが
できているんだなーと思いました。



とはいえ、、、 会社が大繁盛してからは、
そういうわけにもいかず、
土日返上で働き続けた日も
もちろんあったそうですが、
基本的にフリーで始めた仕事が
好きな方向性のことだったので、
長時間の労働も比較的楽しんで
できたということも、
会社が現在まで
つづいていることに
繋がっているんだなと
社長さんのお話を聞きながら
ボクはおもいました。




そんな風にして、
週の約半分働き、

その結果得られた
残りの半分の自由な時間は
どんなふうに過ごしたのですか?

と社長さんに、聞きました。



社長さんいはく、

「子供と嫁さんを連れて
旅行しまくったわー!笑」

と。


うわー!嬉しそー!たのしそー!

いやはや、さすが社長さん。

3日間か4日間の自由な時間が
できたら、飛行機でピュンピュン飛び回っているんだな〜なんて、想像しました。

ええな!ええなー!


ところが、社長さんが語る
続きのお話は、僕の想像とは、
少しだけ違ったものでした。




もちろん楽しい旅行なのですが、
じゃんじゃんお金をかける旅行ではなく、ボックスタイプの車に
お布団や、コンロや、調理器具なんかを
詰め込んで、
車で旅をしたんだそうです。


社長さんいはく、
「車の中で、3人で寝るんや〜笑」


うわー!たのしそー!!
それやりたーい!

ボクはキャンプとかの経験は
あまりないけど、なんかめちゃ憧れていたので、いいな〜それー!!って
ワクワクして、


社長!!続き!!続き!!
聞かせてー!!って
なりました。


社長さんいはく、
「とにかく自由や。車あれば、どこで
も寝れるし、どこで起きてもいいし、
夏やったら、夜なんか外で寝たってええねんから、星を見ながら寝ても最高やわな☆」


あ!!社長!!それ最高!!
よっ!!社長!!ナイス!!
なんて言いたくなっちゃうでしょー!



とはいえ、息子がいる僕の
頭にふと疑問が湧き上がりました。


あれ?
奥さんはいいとして、
息子さんはその時小学生って
おっしゃっていましたけど、、、
学校はどうしたんですか???



社長さんいはく、、、
「、、んなもん、そりゃ休むがな。」

「めちゃ、休んどるがな〜笑」




おー社長!!イッツナイス!!
イッツ・ベリー・エキサイティング!!
僕のなかの何かが、
ゴソッと音を立てて剥がれ落ちたような
少し心地いい感覚でした。




でも、それって
学校的には
家庭に問題がある、、とか
病弱だから、、とか
不登校、、とか
まあ、そういうレッテルを
貼られてお子さんが学校に
行きにくくなるのでは、、?
なんて思いました。

実際にお子さんとお話したことは
ないのでわからないですが、
別に不登校だから、、とか
学校に行きたくないわけではなかった
ようですし。

とはいえ、想像できることとしては、
小学生くらいだと
学校よりも、あるいみ生きた勉強が
できるかもしれませんね。



そして何より 自由に生きることができるんだ!!
ということを、感じることが
できるんじゃないかなと
思います。

一週間という日々の使い方を、
1日という日の過ごし方を、
いろんな生き方があっていいということを、

車で寝てもいいし、
芝生の上で星を見ながら寝る夜が
あってもいいし、
お金より豊かなものがあるのかも、、と


人生の選択肢が、
沢山あるんだということを
知ることができたんじゃないかな、、
社長の息子さん。



息子さんは、

その後、関西大学を卒業して

日本の超大手中の大手の会社の
ロンドン支社で働いていて、
日々、何十億円という
規模の案件を動かしているそうです。

もちろん
忙しく、大変な仕事でもあるけど、
長期の休みをとって、彼女と
旅行ばっかりしているのだとか。


この息子さん、
どっかり稼いで、
スッと会社辞めて、
旅行先で見つけた
気持ちのいい住処に
のびのび暮らして、

また次は、
どんな生活をしようかと
自由な想像を巡らせているんじゃないかな。。。

いつか、会えたら
いろいろ聞きたいなぁ。



あ、それに、
また社長さんに会いたくなってきたな〜。
またお菓子でも持って、遊びに行こかな☆


夢日記☆

  • 2017.05.15 Monday
  • 07:53
最近はたいてい

寝る時間が遅く

10時から26時という

眠りのゴールデンタイムに

寝ることも稀だったり

しましたが、

たまに長めに寝ると

夢を見ることがあります。



僕の場合、夢を意識しだしてから

人生の転機になんらかの

影響があるのかも、、、なんて

考えているのですが、

それはいま仕事のメインにも

なっているZBrushという

3Dソフトの造形を夢で見て

そのあとYouTubでみたzbrush での

造形が正夢に感じられたので

10万ほどのZBrushというソフトを

即購入しました。

以前ゲーム会社でデザイナーをしていたので、10万円ほどで、そんな造形が
なんて安いんだ!!と
思うことができました。
会社で扱っていたソフトは
高額で30万とか50万とか
そのくらいの価格のソフトだったので
比較がすぐにできました。



あの、正夢感は
わすれません。



まず、ワクワクしたり、
感動したり、、夢の中でそういう
感覚があるんです。

今日見た夢は、
夢の中では、かなり普通に
現実のことだと感じていて、

夢の終わりの方で、
家に帰り、玄関扉を開けたところで
スッと目が覚めました。


自分の家の敷地に入る
門のあたりにいた、いくつかの
種類の綺麗な毛虫も覚えています。





具体的には

その夢は、


以前好きでよく聞いていたバンドが


登場するのです。



以前は、よくライブにも
行っていました。

当時も、夢に出てくることも
ありましたが、
必ずお客さんとしてライブを
聴いている側でした。

しかも、実際にライブに
登場しているそのバンドのメンバーは
彼らであって彼らじゃないんです。
なんだか、ニアミスな、
そっくりさんな、、笑
でも彼らの一側面のような、
でもなんだかやっぱり本人たちより
少し頼りなく小さくみえたんです。



ところが今日の夢では、
まさにあのライブで多くの観客の
声援や熱を受け止めきれる
オーラの大きな感じの、
存在感のある彼らでした。



僕はそのライブの楽屋に

一緒にいて、デザインや美術の

担当をしているらしく、

衣装や、グッズに関する

打ち合わせに同席していて

新たに開発している面白いもの

というソレを見せてもらっていました。




これこれ、この感覚。


夢の中で、誰かに何かを

見せられている感じ。


色と形と感触がリアルで
じっくり観察する時間があるんです。


なにより、そのバンドの
メンバーと顔を合わせても
全く自分が動じていないんです。



実は哀しいかな、、
もうそのバンドの曲を
最近はあまり聴いていなくて
、、、、だから興味が薄くなり
実際にあっても喜びや感動が
薄かったのかもしれません。




でも、このことは
自分の中では、納得がいくことでした。


すごーく追い求めている時には
手に入りにくくて、、
ふと忘れてたころに、もう興味が
薄れたころに手入る、、、あの感じ。


強く追い求めて、、、、
あとは忘れているくらいが
ちょうどいい、あの感じ。






とはいえ、実際にその
バンドの彼らとなんらかの仕事で
かかわるのかどうか、、ということは
どちらでもよく、、


とはいえ、この夢は
なんらかのメッセージだと
感じています。


ZBrushの夢のように

後から今日の夢の種明かしが

あるのかもしれません。



いまから、楽しみにしておこうと

思います。




ちなみに、去年1年間の夢は、

毎回、宇宙行きのバスや電車や
バイクに変形するUFOに乗って
宇宙のどこかの星にある
大学みたいなところに
行ったり来たりして、
毎回何かを学んで、
大急ぎで帰ってくる、、、

というそんな夢が多かったです。




このページを見てくださっている
人の夢も聞いて見たいな〜なんて
思いました☆


夢って、どんどん忘れていくでしょ?
人に話したり、このブログみたいに
記入しておくと、思い出すきっかけに
なったりします☆

3Dの時代☆

  • 2017.05.11 Thursday
  • 06:10
ほんまにもう

3Dの時代になったなと

日々実感するのですが、

ふと、考えました。


今どのくらいの人に同時に

ZBrushという3Dモデリングソフトを

教えているのかと。


学校だと、、、100人ほどの学生さん。

オンライン講座だと、180人ほど。


ボクが現在伝えていることは
基礎の基礎なので、
そこから先はさらに奥が深いのですが、
とにかく入り口を広げ、
敷居を低くしたいとおもっています。

いかに魅力的なソフトかと。

いかに容易にカタチが作れるのかと。


以前も聞かれたことがあります。

商売敵、ライバルを
増やすことになりませんか?と。



いやいや、それは
大丈夫なんです。

なぜかというと、
ボクが設定しているゴールが
途方も無く規模が大きいので、


商売敵を育てることになるのでは?
とか、ライバルを増やすことに
なるのでは?ということは
その程度のことは、
ボクにとっては
どうでもいいことなんです☆

人間の能力限界とは

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 17:49
自分用のメモ


人間の能力の限界とは 、
本人のイマジネ ーションの
限界のこと






そうか、
想像をあきらめないことだな

ネコバスに乗ってください☆

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 14:35
VRの実験で作りました。
下のYouTubの 動画の説明のところのリンクから、 skechfabのサイトにいっていただくと このネコバスをスマホでもグリグリと 回転、拡大縮小して触っていただけます。
さらにVRのグラスを使って VRのモードに入っていただくと ネコバスに乗った視点をお楽しみ 頂けます。 ぜひネコバスに乗ってみてください。 https://youtu.be/LzvSd9TSf_I


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ワクイアキラのメールマガジン登録

メールアドレス

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。

recommend

バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。

recommend

リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。

recommend

三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。

recommend

銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。

recommend

月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。

recommend

S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。

recommend

鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM