現実世界と想像世界に生きること☆

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 22:53
卒業シーズンということで

月日の経つのは

早いものだと思います。



ここ最近の時間の経過は

特にとてもはやく、

年末から考えて、、、


え!!もう3月終わるやん!!




ほんとにここ数年でも
珍しいくらいの仕事量ですが
ひたすらに仕事に向き合う
連日連夜でも
どれも好きなことばかりなので
ストレスゼロだから、
楽しんでいるうちに、
え!!もう深夜3時!!とか
昨日なんかは、ほんまに
鳥ちゃんが外でチュンチュン鳴いて
いる音で朝を知り、あら6時☆



とはいえ、どこかで
思い切って時間をくぎって
仕事以外の、例えば外で太陽浴びて
のびのびするとか、車で遠出するとか
体にも心にもいいんだろうなと
感じます。


なぜなら、ものづくりの世界は
現実世界で生きていない時間が
多いと感じるので、
ちょっと言い過ぎかもしれませんが

若干の幽体離脱感があります。

今日もとあるバーで
大切な仕事のお打ち合わせで
演出家のかたとお食事していたのですが、やっぱりそのかたも小さい頃から、
お話を考えるのが好きで、
ずっと妄想、空想の世界に生きていたと
おっしゃっていました。

アーティストや表現者の人は
こういう感じの人が多くて
現実世界に生きる時間と
空想世界に生きる時間をもっている。

その場合、けっこう若いままの人が
多くて今日お会いした演出家のかたも
会うたびにお若く生き生きしていらっしゃることに驚きます。
全然寝てなかったりするのです。


ぼくも実年齢より
若く見られることは
多く、いつのまにか時間が過ぎて
ハッとすることが多いので
現実世界で感じた時間に
ストレスが付加されている場合に
老化現象が起こるのではないかという
仮説的妄想をしています。



ぼくは日頃から
120歳まで生きますと
言っているのですが、
それはつまり、ここに書いてきたような
仮説的妄想があっていれば、
ただひたすらに楽しい時間を過ごすことが若さの秘訣の1つであり、
健康法の1つだと思っています。

極度のストレスを
感じると白髪が短時間に
増える現象があります。
そして、一度白髪になった髪も
もう一度黒く戻ります。
そういうことは、ぼく自身も経験しているし、周りの人からもよく聞きます。

体と時間と老化と意識。

この関係はたぶん、
たぶんですけど、ちゃんと研究されて
いないと思います。

調べていないのでわかりませんけど
、、。


ぼくは以前、自然農をかじって
いましたけど、
自然農で生まれた野菜は
あまり腐りません。
ただ、水分が抜けていき
少しずつ干からびて行きます。

そうではない野菜は、
大抵ドロドロと腐っていきます。

だから水分があれば
かなり鮮度をキープできて
お薬や肥料を使わなければ
組織が傷みにくいのかなと
おもいました。

そのまま人間に例えるのは
違うところもあるでしょうけど

水と無添加、


っていうところは
健康には大切だと
考えています。



あ、あとはほどよい運動も☆

過去の自分に送るエール☆

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 03:10
過去の僕に

いってあげたい。


朝から晩まで

ひたすらモデリングして、


休憩と称して

デパートで販売する

陶芸作品のロクロをひき、

仕事場に入ってきた息子と

お粘土遊びしたり

デジタルお絵描きしたりする

そんな春の日々があるぜっていうことを。


僕と2歳の息子という 2人の子供を暖かく
支え、笑わせてくれる
妻に感謝を思う日々が
あるぜっていうことを




過去の自分へ



大丈夫だ!そのまま行け!!
っていうかもっと行け!!

過去の自分に送るエール☆

デジタルワーク環境のアップデート☆

  • 2017.03.26 Sunday
  • 04:48
今年は、ZBrush、Maya、Fusion360、Aftereffects、Photoshop、illustratorを フルスペックMacBook Pro15inchとともに、 デジタルワークの対応していきまーす♪ この薄いMacBookProで どれくらい動かせるのか実験です☆ それにしても このスペースグレイのカラー かなりテンション上がりますね!


ありがたい!が支える☆

  • 2017.03.25 Saturday
  • 06:20
数ヶ月先まで

個人でお受けしている仕事の

予定が入ったりすると、


まーーったく仕事がなかった
時代が長かったから
正直ホッとする。


とはいえ、ホッとしていると
休みたくなったり、眠くなってしまうから、
ホッとするんじゃなくて
ホットにしている。

自分の中の熱をどこで生み出し続けるのか、モチベーションをどこに
持つと、長く心と体を
健康に健全に保ちながら
仕事をしつつ、家族と生きれるのか
みたいに思う。


となると、やっぱり
いろいろな人に
感謝の気持ち、ありがたいという
思いをもつということだと
思いました。

それを形にして表現ができる場面では
言葉や態度、振る舞い

もしくは、ゆとりがあるときは
物やお金などで
示したいとも思う。




とはいえ目の前の仕事としては、
ひたすら描き、
ひたすら3Dモデリングをし、
ひたすら依頼の英文を読み取り

なんだけど、
それが、
いつかの誰かを
笑わせたり
楽しい表情にしたり、
辛い日を忘れさせたり

そんな一瞬に
萌えながら
作る日々です☆

「できるかどうか」ではなく

  • 2017.03.24 Friday
  • 07:30
「できるかどうか」ではなく


「やるかどうか」だ



村上龍さんの言葉


すごーく難しいだろうなーっていう
小説を書く時に、そう思うんだって。

書けるかどうか、、、って
考えるんじゃなくて
書くかどうか、、なんだ
って



そうそう、すごーくわかるー☆


これは脳機能の部分でも
説明できる内容らしいですね。


できるのかどうか、、、みたいに
考えると、出来ない理由や出来ない方法を、脳は超賢く見つけ出すんだって。

だから、まず
出来る!と思うようにする。


可能だと。


Yes!だと。

肯定する。



ということは、
つまりは
自分を肯定し尽くす

そこには誰かの心無い言葉や
だれかの評価は関係ない




自分の能力に対する
自己評価をとにかく大切に



決して自分を諦めない


大きく心を亡くすのか?

  • 2017.03.23 Thursday
  • 14:38
大忙し

っていう言葉を

分解すると


大きく、心を、亡くす

となりますが、

これは以前どなたかに

教わりました。

だから、あまりこの言葉は
使わないようにしていますが、

じゃあ、
仕事先の打ち合わせとかで、
おいそがしいですか?とか
お忙しいところわざわざ
お越しいただきありがとうございますと
お声かけ頂いた時に
どうするか。



ぼくは、
おかげさまで沢山ご縁を
頂いてお役に立てて嬉しいし、
お仕事いただけてありがたいです。

と、極めて素直な感じでいいます。



あと今度はこんなふうに言ってみようかな。


おかげさまで、四方八方から
引っ張りダコです☆

って。


でもここでは、正直すぎるくらいに、
タコだったら8方向から
8本の手を引っ張られないと、
表現がウソになるとか
思わなくて大丈夫です。

タコもいつも8方向から
引っ張られているわけでは
ないですから。


ちなみに、自分の記録として
書いておくと、8本では足りなくて
頭や口も引っ張られている
そんな現状でーす?

決めまくっちゃう☆

  • 2017.03.23 Thursday
  • 12:38
今日はいろいろと
一気に決めていく日だし
人にたくさん会う日だ


会いにいくまでの車内で
5人ほどのかたと
同時にメッセンジャーやラインで
スケジュールとか打ち合わせ的な
ことをして、

電車からおりたら
実際にお顔を合わせての
お打ち合わせが
3件。

可能ならあと2件ほど仕事先や
お付き合いのあるところに顔を
出したかったり、


あとは 買い物したり、
映画見たり、
できたらな〜とか
思ったけど、


でもこういう状況の時こそ

時間を生み出す、
時間を大切に使う、
大切にしたいことはなに?
とか、いろいろと頭に巡らせて
離れ業的な発想がひらめいたり
面白いアイデアがひらめいたりするから、
このペースは体に合っているのだろうか。


いつからだろうな

仕事とかたいする思いや
向き合い方が変わったのは。


でもそれってイコール

自分との向き合い方だと思った。


ねえ、おれ何したい?
どう生きたい?
どうしたらおれ嬉しい?
今、どう?
今この瞬間どう?
生きていて嬉しい?
楽しい?幸せ?


今、という瞬間に向き合う
その自分に満足かどうか。

ここ2〜3年は特に
そんな感じかな〜。



明日世界がないとして、

いや明日じゃないくて、

いまの瞬間に
見ている世界がピカッとして
終わってしまったら

おれの魂は それでも納得がいくかな。
どうかな


小川の流れで、海の天気を読む

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 13:44
例えば

ある空間で

集団の中にいて、



あれ、なんか居心地が悪いぞ、、

とか、なんかここから離れた方が
良さそうだ、、

とか、危険な感じがする、、

とか、そういう予感とか、
虫の知らせというか、
直感みたいなものは
あると思うんですけど、


でもその場所が、
すごーく遠くから遥々来た場所だ!!
とか、
ようやく休みが取れたからこれた!!
とか、
ずっと来たかった場所だ!
とかっていう理由があると

なんたがか変な予感がしても
直感で危機を感じていても、
その直感をもみ消そうとする時がある。

周りの人も楽しそうだし
この場所に問題が起こりそうな
ことはなさそう、、と思うと
これまた、直感をなかったことに
しようとする。


水から煮られたカエルは
煮られたことに気がつかない。
気持ちよーく暖かく煮られて
しまうという話を聞いたことがある。

それを聞いてからは、
規模の小さなことが
規模の大きなことが
繋がっていたり
象徴的だったりしていると
意識するようになった。


世の中の小さな出来事から
流れを予測して動くと
本当に数年後に想像していたような
変化があらわになって来て
驚いた経験もいくつかある。


世の中の大きな流れもそうだけど、
会社や学校などの組織でもそうだし、
人間でもそうなのかも知れない。

人生時間の中のコンセントレーションやで!!

  • 2017.03.19 Sunday
  • 06:15
さっき、

ふいにわかったこと



何かに集中するとか

いうけど、

集中は能動的に頑張って

集中するぞー!!
っていうより

勝手に、潜在意識的に、
自動的に、しちゃうものだと
感じました。

そうそう、だから
知らないうちに集中しちゃって
3時間も過ぎていた!!とか

そういうものかなと。


だから、頑張っても頑張っても
集中できないことって
いやいややっているものだったり
するかもなと思うわけで
そうするとどうしたって集中は
続かず時間ばかりが過ぎている。


これ、、、
はっきりいってしまおうと
思うけど、、、



小中高って、
ほぼこれじゃね??



だから、本当はもっと
効率的な時間の使い方、
もっというと人生時間の使い方がある。


だから、
とにかく好きなことを
見つけることが最重要だと。

生きる上で、
最重要は
どれくらい好きなことを
見つけたか!!

これに尽きるのではないかと
思うわけですー!!!

ネットによる分業と未来

  • 2017.03.17 Friday
  • 06:00
ボクが

プロジェクションマッピングの
仕事をするときは、基本的には

BaseCampというサービスを
使ってネット内で打ち合わせや
データの確認、修正、
コンセプトアートについてのディスカッションなどを行います。

それをもとにして、各自アーティストや
アニメーターが自宅で作業を進め、
データはDropBoxでやりとりするので、
自分のDropBoxにデータを保存して
データのリンクを
BaseCampを使って
チームメンバーに
伝えます。

だいたいその繰り返しで
作業が進んで行きます。


チームメンバーは、
ボクは日本、そしてほかの
アーティストやアニメーターは、
ニューヨーク、カリフォルニア、
ポーランドなど、

それぞれのホームで仕事をします。

ボクも昨年は
ロサンゼルスに行って
現地で仕事をしているアーティストに
あってようやく、ネット上での
本人のアイコンと人となりを
実際に会って感じることができました。
だから実際に会うことはとても
意味があると思うのですが
多くのことはメールとスカイプでも
充分というか、そのほうが
スムーズかなと

おもったりします。



3Dの仕事にしても
だいたいはメールと実際のデータの
やりとりで遠隔でも大丈夫ですが、
3D出力をする場合は、現物を実際に触ってみて、厚みや角度などを
一度確認してみるほうがいいということはあります。




とはいえ、ほんとに
ノートPCがあればどこでも
仕事はできるので、
あとは自然の豊かな場所で
住処とインフラが
ちゃんとあれば
世界中どこにいても
いいわけだ☆


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ワクイアキラのメールマガジン登録

メールアドレス

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法 (JUGEMレビュー »)
デビッド・J・リーバーマン博士
表紙のイラストレーションを担当させていただきました。

recommend

バッド・チューニング
バッド・チューニング (JUGEMレビュー »)
飯野 文彦
表紙のフィギュアで担当させていただいた飯野 文彦氏の小説です。

recommend

リンダ リンダ
リンダ リンダ (JUGEMレビュー »)
鴻上 尚史
鴻上 尚史氏の戯曲本「リンダリンダ」の装丁画としてフィギュア作品「DJ-yellow」が使われました。

recommend

三千世界に鳴り響け
三千世界に鳴り響け (JUGEMレビュー »)
C-999
ジャケットキャラクターを担当したバンドC-999のデビューアルバムです☆
4体のロボットの立体造形で、CDジャケットとPVで使用されました。

recommend

銀の砂 時の窓
銀の砂 時の窓 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。

recommend

月とピエロと青い星
月とピエロと青い星 (JUGEMレビュー »)
C-999
C-999のインディーズ時代の曲☆ジャケットキャラクターを担当致しました。

recommend

S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
S-Fマガジン 2008年 08月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

S-Fマガジン 2008年 08月号の表紙を担当しました。カメラを持った旅人「プルシャ」の冒険のワンシーンを立体で制作しています。

recommend

鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-)
鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス エA-) (JUGEMレビュー »)
江坂 遊
表紙の「鍵穴屋」と「鍵穴オブジェ」、中面のモノクロ線画イラストを担当させていただいた本。たった1行に凝縮されたお話などなど「ショートショート」というジャンルを世に広める江坂遊さんの本です☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM